コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エビガラスズメ エビガラスズメAgrius convolvuli

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エビガラスズメ
Agrius convolvuli

鱗翅目スズメガ科。大型のスズメガの1種で,太い腹部の両側に紅色の部分があり,焼いたエビの胴体を思わせるのでこの名がある。前翅の開張幅 80~106mm。前翅は灰色で,黒褐色の不定紋がある。成虫は5~7月と8~10月の2回発生する。幼虫サツマイモヒルガオアサガオフジマメを食し,体長 80~90mmにも達する。幼虫には緑色,褐色,これらの中間色のものと3型がある。土中で蛹化し,そのまま越冬する。日本全土のほか,東南アジアアフリカ,ヨーロッパに分布する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エビガラスズメ
えびがらすずめ / 蝦殻天蛾
[学]Agrius convolvuli

昆虫綱鱗翅(りんし)目スズメガ科に属するガ。はねの開張90~100ミリメートル。アメリカ大陸を除き、ほとんど全世界に分布し、飛翔(ひしょう)力が強いため、太平洋の島々にまで移りすんでいる。腹部に赤色の紋を連ね、この紋は白と黒の帯で縁どられている。夕暮時に花蜜(かみつ)を求めて飛び、100ミリメートルに達する長い口吻(こうふん)を伸ばして蜜を吸う。灯火にも飛来する。幼虫はサツマイモ、ヒルガオ、アサガオなどヒルガオ科の植物に寄生するほか、マメ科、ツルナ科などにもつく。日本の温暖地では蛹(さなぎ)で越冬し、第1回目の成虫は5~6月に、第2回目は7~9月に出現する。幼虫には緑色型と褐色型の2型がある。蛹化(ようか)は土中や石の下のすきまなどで行われる。[井上 寛]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

エビガラスズメの関連キーワードエビガラスズメ(蝦殻天蛾)夕顔瓢箪・夕顔瓢簞スズメガ(雀蛾)ヒルガオ科夕顔瓢箪夕顔別当イモムシ井上雀蛾芋虫

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android