コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エピゴーネン Epigone

翻訳|Epigone

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エピゴーネン
Epigone

亜流。模倣者。優れた文学者・芸術家が出現した後で,その模倣をする群小亜流作家を風刺的にいう言葉。もっとも,むしろエピゴーネンによって始祖の思想が広められるということもある。もともとはギリシア語で「後に生まれたもの」の意。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

エピゴーネン(〈ドイツ〉Epigonen)

思想・文学・芸術などの、追随者。独創性のない模倣者。亜流。
[補説]語源はギリシャ語のepigonosで、後に生まれた者の意。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

エピゴーネン【Epigonen】

先行する顕著な思想や文学・芸術などの追随をし、まねをしているだけの人。独創性のない模倣者・追随者を軽蔑していう語。亜流。 「自然主義文学の-」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

エピゴーネンの関連キーワードヤン ロワース自然主義文学インマーマン新カント派大国隆正

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android