コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エリゼ条約

2件 の用語解説(エリゼ条約の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

エリゼ条約

フランスのドゴール大統領西ドイツ(当時)のアデナウアー元首相が1963年1月22日、仏大統領府(エリゼ宮)で署名した独仏協力条約を指す。戦後の独仏和解を確認した外交文書で、欧州統合を主導する両国の「特別な関係」の土台となった。過去50年間の目立った成果として、計約800万人にのぼる若者の交流をはじめ、共通の歴史教科書づくりや、独仏2カ国語の放送局(ARTE)の開設が挙げられる。自治体間の協力も広がりをみせ、姉妹都市提携の数は2200以上にのぼる。

(2013-07-21 朝日新聞 朝刊 1外報)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エリゼ条約の関連キーワード西ドイツリゴドンドゴール広場ゴーリストLAティエールシャルル・ド・ゴールマンデスフランスフランス大統領選挙フランスの左派大統領と首相

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

エリゼ条約の関連情報