コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エリン・ペリン エリン・ペリンElin Pelin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エリン・ペリン
Elin Pelin

[生]1877.7.18. バイロフ
[没]1949.12.3. ソフィア
ブルガリアの作家。本名 Dimitǎr Ivanov Stoyanov。ブルガリアのチェーホフともいわれ,すぐれた短編作品が多い。代表作『ゲラク家』 Geratsite (1911) ,『土地』 Zemya (22) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

エリン・ペリン

ブルガリアの作家。ソフィア近郊の農村を舞台に,地主の欲を皮肉な表現で批判,農民の喜びと知恵を描く。短編集《夏の日》ほか。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エリン・ペリン
えりんぺりん
Елин Пелин Elin Pelin
(1877―1949)

ブルガリアの作家。本名ディミタル・イワノフ・ストヤーノフ。批判的リアリズムの旗手、短編の巨匠と目された。短編集『夏の日』(1904)、『ぼく、きみ、かれ』(1936)、『修道院の葡萄(ぶどう)の下で』(1936)など、教師時代に見聞した農民の苦しい生活を描いて社会風刺をし、かつ自然と人間のつながりを説いた傑作が多い。農村を舞台にし、素朴な表現のなかにユーモアとペーソスが漂う作風である。中編『ゲラク家の人々』(1911)では、資本主義の生成によって農村が変貌(へんぼう)し家長制度が崩壊するさまを描いた。幼・少年向きの詩、物語、民話も多く、解放後の児童文学の発展に貢献した。とくに長編『ヤン・ビビヤン』『ヤン・ビビヤン月へ行く』(1933、34)の二部作は、斬新(ざんしん)な題材を使ったいたずらっ子の冒険物語で、いまでも人気があり、テレビ化されたり諸外国語にも訳されている。[真木三三子]
『松永緑弥訳註『エリン・ペリン短編集』(1983・大学書林)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

367日誕生日大事典の解説

エリン・ペリン

生年月日:1877年7月18日
ブルガリアの作家
1949年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

エリン・ペリンの関連キーワードブルガリア文学ブルガリア生年月日