コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エルナニ Hernani

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エルナニ
Hernani

フランスの詩人,小説家ビクトル・ユゴー韻文劇。5幕。 1830年2月 25日,フランス座で初演。 16世紀のスペインを背景に,ドナソル姫をめぐって,王,彼女の伯父,王を仇とねらうエルナニの間に繰広げられる葛藤を描いた悲劇。前作『クロムウェル』の序文で行なったロマン派宣言の具体的実践として書かれた作品で,古典派の反論を招いて「エルナニ事件」を引起したが,結局ロマン派の勝利に終った。この戯曲に基づいたベルディのオペラ『エルナニ』は 44年初演。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

エルナニ(〈フランス〉Hernani)

ユゴーの戯曲。5幕の韻文作品。初演1830年。ロマン派演劇の全盛期を切り開いた作品とされる。ユゴーが古典派演劇の批判をしたことから、初演日はロマン派と古典派の対決の場となり、「エルナニ合戦」とよばれた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

エルナニ【Hernani】

フランスの小説家ユゴーの韻文史劇。5幕。1829年9月完成。30年2月25日コメディ・フランセーズで初演。スペインの貴族の娘ドニャ・ソルと山賊の若い統領エルナニは相思相愛の仲である。彼女の伯父の老公爵リュイ・ゴメスと国王カルロスもそれぞれドニャ・ソルに思いを寄せている。幾多の波乱の後,ついにエルナニはドニャ・ソルを妻とすることになるが,婚礼の夜,さきに取り交わした騎士の誓約の履行をリュイ・ゴメスに迫られ,新郎新婦は毒を仰いで死に,これを見たリュイ・ゴメスも自殺する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エルナニ
えるなに
Hernani

フランスの作家ユゴーの五幕韻文劇。1830年初演。もと貴族で山賊に身をやつす反徒エルナニと、貴族の娘で孤児のドニャ・ソルとの悲恋物語。恋敵(こいがたき)の1人だったスペイン王ドン・カルロスが皇帝即位をきっかけに仁慈を示して2人の結婚はいったん許されるが、ドン・リュイ・ゴメス老公爵(ドニャ・ソルの後見人)の横恋慕で心中に追い込まれる。ロマン派的主題と騎士道風モラルを柔軟な十二音綴詩句(アレクサンドラン)で華麗に展開して、国立劇場でのロマン派劇公認をかちとった。彼はこれに先だち『クロムウェル』序文で古典主義演劇批判と新演劇の展開を宣言したため、『エルナニ』初演は古典派、ロマン派の決戦の場となった。「エルナニ合戦」の名は後世、この種の演劇上の衝撃的事件を比喩(ひゆ)的にさすこともあるほど著名である。[佐藤実枝]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のエルナニの言及

【ロマン主義】より

…伝統的な古典主義を信奉する人々とロマン主義者たちとの間の文学論争や党派抗争の様相を呈し,1820年から30年にかけてユゴーとサント・ブーブを中心にロマン派が形成され,ロマン主義運動が展開された。この運動は,七月革命と軌を一にして1830年のユゴーの《エルナニ》上演によって勝利を収め,1843年の同じくユゴーの《城主》上演の不成功によって幕を閉じた。その華々しい側面においては古典悲劇形式の打破という演劇運動の観を呈したが,他の分野においても根底的な変革をもたらした。…

【ロマン派演劇】より

…フランスのロマン派の源泉は,実はドイツの疾風怒濤の成立に影響を与えたJ.J.ルソーにまでさかのぼることもできるが,シュレーゲルの劇理論やドイツ・ロマン派の紹介としてのスタール夫人の《ドイツ論》(1810)が果たした役割は大きいし,シラーの《群盗》も大きな影響を与えている。1830年に,ユゴーの《エルナニ》のフランス座上演によって劇場騒動が起こり,古典派の妨害に対してロマン派が勝利を収めた話は有名であるが,43年にはやはり彼の《城主たち》の失敗がロマン派の終焉を告げることになった。悲劇に美のみならず,崇高と怪奇をとりいれて生の真実を示そうとするのが彼の演劇論の骨子であったが,現実の舞台で上演される劇作としては破綻(はたん)を示したのである。…

※「エルナニ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

エルナニの関連キーワードR. ワインガルテンアレクサンドランリーバス公爵デュマ[父]フランス文学ロマン派演劇フランス演劇ベルナール三上於菟吉ゴーティエ古典主義ゴーチエオネディセラヤ観客

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android