コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エルナンデス エルナンデス Hernández, José

6件 の用語解説(エルナンデスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エルナンデス
エルナンデス
Hernández, José

[生]1834.11.10. ブエノスアイレス,チャクラデプエイレドン
[没]1886.10.21. ベルグラノ
アルゼンチンの詩人,政治家。代表作『ガウチョ,マルティン・フィエロ』 El gaucho Martín Fierro (1872) ,『マルティン・フィエロの帰郷』 La vuelta de Martín Fierro (79) は「ガウチョ詩」の最高傑作とされる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

エルナンデス
エルナンデス
Hernández, Miguel

[生]1910.10.30. オリウェラ
[没]1942.3.28. アリカンテ
スペインの詩人。農民の子に生れた農民詩人。農牧のかたわら独学,スペイン古典文学との出会いによって,詩作への関心を開かれた。作品にはネオバロックを基調とする前衛詩『絶えざる光線』 El rayo que no cese (1936) や,内乱の戦場から妻に寄せた『人民の風』 El viento del pueblo (36) がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

エルナンデス

アルゼンチンの詩人。ブエノス・アイレス州ペドリエルで生まれ,幼いころからインディオガウチョに囲まれて育った。19世紀後半に後進性と野蛮性から社会的に締め出される傾向にあったガウチョを擁護する側に回った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

エルナンデス【Amado V.Hernandez】

1903‐70
フィリピンの現代タガログ語文学の作家,詩人,労働運動の指導者。マニラの下町トンドの生れ。大学を中退,タガログ語新聞《マブハイMabuhay》の記者となり,28歳で編集長となった。日本軍政下では抗日ゲリラとして活躍。戦後はフィリピン最強の労働団体CLOの委員長に選ばれたが,1951年1月,キリーノ政権のフクバラハップ弾圧政策で逮捕され,無期懲役囚として6年間投獄された。64年に無罪の最高裁判決を得て,再び反戦・反帝国主義運動に専心。

エルナンデス【Francisco Hernández】

1517?‐87
スペインの博物学者,医者。1567年フェリペ2世の侍医となり,王命により70‐77年の間メキシコ原住民社会の伝統医療の研究と薬草の収集・調査に従事した。帰国後フェリペ王子(後のフェリペ3世)の侍医として宮廷で活躍するかたわら,メキシコでの調査を《ヌエバエスパーニャ自然誌》17巻にまとめ,新大陸の植物研究に初の足跡を残した。【清水 透】

エルナンデス【Maximiliano Hernández Martínez】

1882‐1966
エルサルバドルの軍人,独裁者。1931年にクーデタによって政権につく。大不況下の同国で通貨制度の改革や国立銀行の創設,コーヒー産業の国家統制等の経済改革を行う一方で,反対派に対しては過酷な弾圧政策でのぞみ,とくに32年の土地を要求する貧農に対する大虐殺は有名である。大規模な民衆反乱の結果,44年に大統領の座を降りたが,彼の在任中に軍部の組織的な政治介入の基礎がつくり上げられた。【山崎 カヲル】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のエルナンデスの言及

【幻覚薬】より

…キリスト教の伝道者がこれを悪魔的なものとして追放しようと努めたが,インディオたちがキリスト教に改宗してからも,こうした植物に対する信仰は残った。メキシコで使われるオロリウクイololiuquiはヒルガオの一種Rivea corymbosaの種子で,1941年にハーバード大学の植物学者シュルテスR.E.Schultesが詳しく調べるはるか以前の1651年に,早くもスペインの医師エルナンデスFrancisco Hernandezが〈これを食べると譫妄(せんもう)状態になり,幾百もの景色が見え,悪魔的幻覚が現れ……〉と記録している。その種子を分析したホフマンAlbert Hofmannによると,有効成分はリゼルギン酸アミドとリゼルギン酸‐1‐ヒドロキシエチルアミドで,LSD‐25の1/20~1/40ほどの効力をもつという。…

【エルサルバドル】より

…第1次世界大戦期には中立を守っている。1929年の世界恐慌によって,主要産物であるコーヒーが大打撃を受けたあと,経済危機のさなかの31年12月には,誕生したばかりのアラウホ大統領を中心とする政権を,国防相M.エルナンデス・マルティネスMaximiliano Hernández Martínez将軍によるクーデタが打倒する。エルナンデス・マルティネスは独裁権を握り,上からの国家社会主義的な経済・社会政策を推し進めた。…

【エルサルバドル】より

…第1次世界大戦期には中立を守っている。1929年の世界恐慌によって,主要産物であるコーヒーが大打撃を受けたあと,経済危機のさなかの31年12月には,誕生したばかりのアラウホ大統領を中心とする政権を,国防相M.エルナンデス・マルティネスMaximiliano Hernández Martínez将軍によるクーデタが打倒する。エルナンデス・マルティネスは独裁権を握り,上からの国家社会主義的な経済・社会政策を推し進めた。…

※「エルナンデス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

エルナンデスの関連キーワードタガログ語タガログ族ピリピノ語バロンタガログ比国フィリピン海プレートフィリピン諸島フィリピン鷲ナヨンピリピーノフィリピン諸語

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

エルナンデスの関連情報