コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エルバン エルバン Herbin, Auguste

4件 の用語解説(エルバンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エルバン
エルバン
Herbin, Auguste

[生]1882.4.29. キエビー
[没]1960.2.1. パリ
フランスの抽象画家。 1900年から2年間リール美術学校で学んだのち,パリに出てアンデパンダン展に出品。その後初期の印象派の作風を脱してキュビスムに進み,第1次世界大戦以後は円,三角形四角形などから成る幾何学的抽象主義へと発展。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

エルバン

フランスの画家。1901年パリに出て,初め印象主義の影響を受けるが,やがて四角,円,三角などの単純な形態の組合せによる厳格な幾何学的抽象に移る。1931年,アプストラクシヨン・クレアシヨンの創立に参加し,主導的役割を果たした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル大辞泉プラスの解説

エルバン

《HERBIN》フランス発祥の文具メーカーおよびそのブランド。1670年、パリで創業。インクシーリングワックス、ガラスペンなどの商品が知られる。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エルバン
えるばん
Auguste Herbin
(1882―1960)

フランスの画家。北フランスのアラス近郊に生まれ、リールおよびパリの美術学校に学ぶ。キュビスムの運動に参加するが、形態の単純化、構成の厳密性を推し進める彼の絵画は、1917年ごろ抽象絵画へと発展する。27年ごろ一時期、具象に戻ったあと、完全な抽象へ移行、31年「抽象・創造(アプストラクシオン・クレアシオン)」の創設に参加する。最初は曲線を主体とした動感を表現し、やがて円、方形、三角形の平面の組合せ、補色理論による純粋色の対比によって、厳密な幾何学的抽象の世界をつくる。フランス幾何学的抽象の原点であるとともに、オプティカル・アートなどへの道を開いた。[中山公男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エルバンの関連キーワード五色海老錦海老赤蝦小突き蝦ティズキエビクズ宮殿剥き蝦ヱビスビールえび〜にゃ伝兵衛ビールキエビネ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

エルバンの関連情報