コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エルバン エルバンHerbin, Auguste

4件 の用語解説(エルバンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エルバン
エルバン
Herbin, Auguste

[生]1882.4.29. キエビー
[没]1960.2.1. パリ
フランスの抽象画家。 1900年から2年間リール美術学校で学んだのち,パリに出てアンデパンダン展に出品。その後初期の印象派の作風を脱してキュビスムに進み,第1次世界大戦以後は円,三角形四角形などから成る幾何学的抽象主義へと発展。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

エルバン

フランスの画家。1901年パリに出て,初め印象主義の影響を受けるが,やがて四角,円,三角などの単純な形態の組合せによる厳格な幾何学的抽象に移る。1931年,アプストラクシヨン・クレアシヨンの創立に参加し,主導的役割を果たした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

エルバン

《HERBIN》フランス発祥の文具メーカーおよびそのブランド。1670年、パリで創業。インクシーリングワックス、ガラスペンなどの商品が知られる。

出典|小学館
デジタル大辞泉プラスについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エルバン
えるばん
Auguste Herbin
(1882―1960)

フランスの画家。北フランスのアラス近郊に生まれ、リールおよびパリの美術学校に学ぶ。キュビスムの運動に参加するが、形態の単純化、構成の厳密性を推し進める彼の絵画は、1917年ごろ抽象絵画へと発展する。27年ごろ一時期、具象に戻ったあと、完全な抽象へ移行、31年「抽象・創造(アプストラクシオン・クレアシオン)」の創設に参加する。最初は曲線を主体とした動感を表現し、やがて円、方形、三角形の平面の組合せ、補色理論による純粋色の対比によって、厳密な幾何学的抽象の世界をつくる。フランス幾何学的抽象の原点であるとともに、オプティカル・アートなどへの道を開いた。[中山公男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

エルバンの関連キーワード早稲田大学梅屋勘兵衛(3代)金弘集スミス花房義質フォンタネージプルーインプレグランホイットニー車会党

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

エルバンの関連情報