コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エロシェンコ エロシェンコ Eroshenko, Vasilii Yakovlevich

7件 の用語解説(エロシェンコの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エロシェンコ
エロシェンコ
Eroshenko, Vasilii Yakovlevich

[生]1890.1.12. ベルゴロド,オブホフカ
[没]1952.12.23. ベルゴロド,オブホフカ
ソ連の作家。日本語エスペラント語で著作。若くして失明。エスペラント語を修得しロンドンへ留学。 1914年来日し日本語を修得し,のちにウラジオストクから北京へ渡り魯迅と交友。 23年祖国に戻り,著作,翻訳を行なった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

エロシェンコ(Vasiliy Yakovlevich Eroshenko)

[1889~1952]ロシアの盲目の詩人・童話作家。大正3年(1914)に来日して数年間滞在。その間、日本語とエスペラントで童話などを発表した。作「夜明け前の歌」「人類のために」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

エロシェンコ

ロシアの作家。4歳で失明。1914年来日して,日本語とエスペラントで童話,詩などを発表。思想的に危険な人物として日本追放後は北京で魯迅と親交を結び,1923年帰国。
→関連項目クルスク相馬黒光中村彝

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

エロシェンコ Eroshenko, Vasily Yakovlyevich

1890-1952 ロシアの詩人,児童文学作家。
1890年1月12日生まれ。4歳で失明。大正3年(1914)東京盲学校特別研究生として来日し,神近市子,相馬黒光(こっこう),中村彝(つね)らを知る。日本語の口述筆記による童話などで文壇に登場。第2次「種蒔く人」同人。10年危険人物として国外追放となった。1952年12月23日死去。62歳。ウクライナ出身。著作に「夜明け前の歌」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

エロシェンコ【Vasilii Yakovlevich Eroshenko】

1889‐1952
ソ連邦の詩人,児童文学者。おもに日本語,エスペラント語で著作を残した。クルスク県(現,ロシア共和国ベルゴロド州)オブホフカ村生れ。4歳のとき,はしかのため盲目となる。モスクワ盲学校に学んだ後,モスクワのレストランの盲人オーケストラで働いたが,エスペラントを学び,その縁でロンドン王立盲人音楽師範学校に入る。1914年,日本エスペラント協会中村精男(中央気象台長)をたよって来日,東京盲学校特別研究生となり,また日本の盲人の生活を知るためにあんま術を学ぶ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

エロシェンコ【Vasilii Yakovlevich Eroshenko】

1889~1952) ロシアの盲目の詩人。大正初期、数年間日本に在住。日本語とエスペラントで詩・童話・民話を発表。児童文学に影響を及ぼす。代表作「夜明け前の歌」「人類のために」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エロシェンコ
えろしぇんこ
Василий Яковлевич Ерошенко Vasiliy Yakovlevich Eroshenko
(1889―1952)

ロシアの盲目詩人。モスクワの盲人学校に学び、エスペラントを習得、のちロンドンに学んだ。1914年(大正3)東京にきて、日本語とエスペラントで民話、童話を発表、大杉栄(さかえ)、神近(かみちか)市子、中村彝(つね)らと親交を結んだ。19年、ソ連のスパイの嫌疑でウラジオストクに送還され、その後、北京(ペキン)に至り、魯迅(ろじん/ルーシュン)と交友を結び、その小説『あひるの喜劇』のモデルとなった。23年ソ連に帰国。エスペラントの自伝『わが学校生活の一ページ』(1923)、『孤独な魂のうめき』(1923)、日本語の短編小説『提灯(ちょうちん)物語』その他、多くの詩、短編などがある。それらのなかには、放浪の盲目詩人の孤独と哀愁を込めたものが多い。[草鹿外吉]
『高杉一郎編『エロシェンコ全集』全3巻(1959・みすず書房) ▽高杉一郎著『盲目の詩人エロシェンコ』(1956・新潮社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エロシェンコの関連キーワードマルシャークソ連邦あり子の記いないいないばあや亀八くろ助小さい心の旅同級生たちユウキ神宮輝夫

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

エロシェンコの関連情報