エンリケ航海王子(読み)エンリケこうかいおうじ(英語表記)Henry the Navigator

旺文社世界史事典 三訂版「エンリケ航海王子」の解説

エンリケ航海王子
エンリケこうかいおうじ
Henry the Navigator

1394〜1460
ポルトガル王ジョアン1世の子
1415年,ジブラルタル海峡をはさんだ対岸の都市セウタを攻略。キリスト教騎士団の統率者でもあった彼は,このころよりその豊富な資金力でアフリカ西岸に多くの探検隊を送った。アゾレス諸島の発見(1431),その後の探検では奴隷と金の獲得に従事,最終的にはヴェルデ岬にまで到達した。また航海奨励のための研究所をポルトガル西南端のザグレスにつくるなど,のちのアフリカ周航に寄与した。なお,彼は探検隊を派遣するのみで,みずからはほとんど航海をしなかった。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android