コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エーデン Eeden, Frederik Willem van

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エーデン
Eeden, Frederik Willem van

[生]1860.4.3. ハールレム
[没]1932.6.16. ビュスム
オランダの詩人,小説家,随筆家,劇作家,医師。学生時代から詩や喜劇を書きはじめ,のちに文芸誌『新案内』 De Nieuwe Gidsの創刊 (1885) に参加。初期の詩にはロマン主義的な傾向がみられたが,やがて象徴主義的作風に変る。散文では,オランダ文学の代表作といわれる象徴主義的な小説『小さなヨハンネス』 De kleine Johannes (85) をはじめ特色ある作品が多い。また戯曲にも好評を博した『兄弟』 De broeders (94) などがある。一時はトルストイの思想に共鳴して「共同農場」の経営を始めたが,結局失敗,晩年カトリックに改宗。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

エーデン(Ehden)

レバノン北部の町。レバノン山脈の最高峰クルナアルサウダ山の南麓、標高約1500メートルに位置する。避暑地として有名。19世紀にオスマン帝国支配に対抗したユセフ=カラムの生地。エヘデン

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

エーデン【Frederik Willem van Eeden】

1860‐1932
オランダの詩人,小説家,精神病理学者。学生時代からいわゆる“80年代”の代表的作家W.クロースやA.フェルウェーらと交わり,喜劇や多くの詩を書いた。やがて同人誌《新道標》に発表して一躍名声を高めた小説《小さきヨハネス》(1887)は,一少年の精神の発達過程を詩情ゆたかな簡素な文体で象徴的童話ふうに描いたもので,オランダ文学の逸品とされている。ほかに精神病者の心理を描いた《冷たき死の湖》(1900),自伝的要素の濃い《夜の花嫁》(1909),詩集《情熱なき百合》(1901)など作品多数。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エーデン
えーでん
Frederik Willem van Eeden
(1860―1932)

オランダの詩人、小説家。ハールレム生まれ。アムステルダム、パリで医学を修め、開業医となる。1880年代グループの文芸誌『新しき道標』創刊に参加、おとぎ話風に描いた散文『幼きヨハネス――第一部』(1885)を発表する(二部1905、三部1906発表、一変して社会問題に言及)。自然主義的心理小説『死の冷たき湖』(1900)は、運命論的な結末に終わる問題作。そのほか戯曲に『兄弟』(1894)などがある。1898年、アメリカの思想家ソローの『ウォールデン――森の生活』から命名した「生産協同村ワルデン」をつくり、人道的共産主義村の建設に努めたが、財政難で挫折(ざせつ)した。[近藤紀子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のエーデンの言及

【オランダ文学】より

…一方,ベーツは写実的ユーモア小説の傑作《カメラ・オブスキュラ》(1839)を書き,またムルタトゥーリは自国の植民政策の非人道性を告発した小説《マックス・ハーフェラール》(1860)を発表し,その熱情的理想主義と斬新なスタイルは近代オランダ文学に絶大な影響を与えた。19世紀後半におけるオランダ社会の急速な近代化と自由主義の伸展に呼応して,文壇に新風を吹きこんだのが〈80年代派Tachtigers〉と呼ばれるクロースフェルウェーエーデンホルテルらを中心とする若い詩人たちである。彼らは《新道標Nieuwe Gids》誌に結集し,美それ自体を目的とする芸術至上主義を掲げて先輩たちの道徳的教訓的通俗性を激しく攻撃した。…

※「エーデン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

エーデンの関連キーワードE.D’E. パトリシオ瑞・随・隨・髄・髓オーストリア文学ベルヒトールトアルヴィカイトハミナ条約ショプロン東欧演劇レバノン4月3日バディムクラインベネデク瑞典

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android