コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エードリアン Adrian, Edgar Douglas, 1st Baron Adrian of Cambridge

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エードリアン
Adrian, Edgar Douglas, 1st Baron Adrian of Cambridge

[生]1889.11.30. ロンドン
[没]1977.8.4. ロンドン
イギリスの生理学者。 1915年,ケンブリッジ大学を卒業。第1次世界大戦に従軍したのち,母校で教鞭をとった。 37~51年,生理学教授。 68~75年,総長。 32年,C.S.シェリントンとともにニューロンの機能に関する発見でノーベル生理学・医学賞受賞。 34年以降は脳波の研究をし,てんかんや脳病変の診断に新生面を開いた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

エードリアン

英国の神経生理学者。ケンブリッジ大学などで医学を修め,1937年以後同大学教授。単一の神経細胞の活動電位を記録する方法を確立。脊髄反応や知覚神経の伝導に関する研究でシェリントンとともに1932年ノーベル生理医学賞。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

エードリアン【Edgar Douglas Adrian】

1889~1977) イギリスの神経生理学者。感覚器からの刺激によって神経に生じる活動電位の測定方法を確立。皮膚や筋肉の活動における「全か無かの法則」の成立を証明し、感覚刺激と神経繊維中のインパルスの間の量的関係を発見した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エードリアン
えーどりあん
Edgar Douglas Adrian
(1889―1977)

イギリスの生理学者。ロンドン生まれ。1908年ケンブリッジのトリニティ・カレッジに入学、生理学的研究を主として行った。1913年、神経の伝導速度の法則である「全か無かの法則」(悉無律(しつむりつ))に関する研究により、カレッジのフェローに推され、その後一時、診療に従った。1919年ふたたびケンブリッジに戻り、神経系統に関する講義を行った。1932年シェリントンとともに、神経細胞(ニューロン)の機能に関する発見によりノーベル医学生理学賞を受賞。1937年ケンブリッジ大学の生理学教授に選任され、1955年Sirの称号を許された。[大鳥蘭三郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

エードリアンの関連キーワードチャールズ・スコット シェリントンインパルス4月8日神経繊維感覚器

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

エードリアンの関連情報