コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オイルマネー oil money

翻訳|oil money

大辞林 第三版の解説

オイルマネー【oil money】

1973年末のオペックによる石油価格の大幅引き上げ(第一次石油危機)により生じた産油国の巨額の余剰資金。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オイルマネー
oil money

産油国が石油を輸出して稼いだ資金。アメリカ合衆国やヨーロッパでは一般的に石油 petroleumとドルを組み合わせたペトロダラー petro dollarと呼ばれる。1973年と 1979年の石油危機で石油価格が急上昇し,石油輸出国機構 OPECに加盟する中東産油国が巨額の資金を獲得してから注目されるようになった。資金は海外投資に回され,国際金融市場で存在感を高めた。2000年代に入ると,新興国の経済成長に伴う石油需要の拡大やイラク戦争による石油施設破壊などを背景に石油価格がさらに急上昇し,オイルマネーも膨張した。オイルマネーは情報開示が乏しく,全体像を正確に把握するのは難しいが,中東の湾岸協力会議 GCCに加盟するサウジアラビア,クウェート,アラブ首長国連邦 UAEなど 6ヵ国の 2008年時点の総額は約 2兆ドルに上ったとの推計がある。中東産油国は,オイルマネーを運用する政府系ファンド(ソブリン・ウェルス・ファンド)を設立。アメリカ国債など安定した運用先を重視する傾向にあったが,2000年代には積極的な投資にも乗り出すようになった。2007年には UAEのアブダビ投資庁が,サブプライムローン問題に苦しんでいたアメリカ金融大手シティグループに 75億ドルの多額出資に踏み切った。2008年のリーマン・ショック後は石油価格が急落し,オイルマネーで投資が過熱していた UAEのドバイが 2009年に金融不安に陥り,国際金融市場を混乱させた(ドバイ・ショック)。その後は世界経済の回復に伴い,石油価格も再び高値圏で推移するようになり,オイルマネーの投資先も成長の見込めるアフリカやアジアのインフラストラクチャーなどに多様化した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

オイルマネーの関連キーワードアフラージュ、オマーンの灌漑システムロシア・中央アジア圏の新潮流チャベス・ベネズエラ大統領ユーロ・カレンシー新国際経済秩序オイル・ダラー国際流動性問題エネルギー資源イスラム金融国際通貨問題オイルダラーバーレーンユーロ市場ベネズエラオペック余剰資金MENA為替投機金の相場

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

オイルマネーの関連情報