コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オウウヨウラクガイ(奥羽蠳蛒貝) オウウヨウラクガイOcenebrellus inornatus(=Ocenebra adunca)

世界大百科事典 第2版の解説

オウウヨウラクガイ【オウウヨウラクガイ(奥羽蠳蛒貝) Ocenebrellus inornatus(=Ocenebra adunca)】

アクキガイ科の巻貝(イラスト)。の高さ5cm,太さ3cmに達するが,一般にはそれより小型である。厚質堅固で多くは褐色,ときに白色帯がある。巻きは円錐形に高くなり6階。全面に細い肋と太い縦肋がある。肩に角があるが,その上にとげを生ずることもある。殻口は卵形で,下方にある水管は成貝になると閉じて管状になる。潮間帯から水深20mくらいの岩れき底にすむ。肉食性カキなど付着性の二枚貝に小さい針でついたような穴を開けて食べるので,カキの養殖には害敵である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

オウウヨウラクガイ(奥羽蠳蛒貝)の関連キーワードアクキガイ科

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android