コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オウウヨウラクガイ(奥羽蠳蛒貝) オウウヨウラクガイ Ocenebrellus inornatus(=Ocenebra adunca)

1件 の用語解説(オウウヨウラクガイ(奥羽蠳蛒貝)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

オウウヨウラクガイ【オウウヨウラクガイ(奥羽蠳蛒貝) Ocenebrellus inornatus(=Ocenebra adunca)】

アクキガイ科の巻貝(イラスト)。殻の高さ5cm,太さ3cmに達するが,一般にはそれより小型である。厚質堅固で多くは褐色,ときに白色帯がある。巻きは円錐形に高くなり6階。全面に細い肋と太い縦肋がある。肩に角があるが,その上にとげを生ずることもある。殻口は卵形で,下方にある水管は成貝になると閉じて管状になる。潮間帯から水深20mくらいの岩れき底にすむ。肉食性でカキなど付着性の二枚貝に小さい針でついたような穴を開けて食べるので,カキの養殖には害敵である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

オウウヨウラクガイ(奥羽蠳蛒貝)の関連キーワードバイヒメエゾボラ悪鬼貝袖貝籬貝揚巻貝泡舟貝逆巻貝枇杷貝

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone