コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オオゴマダラ オオゴマダラ Idea leuconoe

2件 の用語解説(オオゴマダラの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オオゴマダラ
オオゴマダラ
Idea leuconoe

鱗翅目マダラチョウ科。同科中の大型種で,チョウ全体でも大きい部類に入る。雄の前翅開張幅約 135mm,雌は少し大きい。翅は半透明の白色で,翅脈間のまだら模様は黒色。東南アジアに広く分布し,日本では琉球列島にみられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オオゴマダラ
おおごまだら / 大胡麻斑蝶
[学]Idea leuconoe

昆虫綱鱗翅(りんし)目マダラチョウ科に属するチョウ。日本では沖縄本島以南の琉球(りゅうきゅう)諸島に普通、現在では与論(よろん)島、沖永良部(おきのえらぶ)島にもまれでなく、すでに土着種と認められる。奄美(あまみ)大島、喜界島(きかいがしま)、吐(とから)列島、屋久(やく)島でときに発見されるものは南方からの迷チョウあるいはそれに由来する一時的な発生個体と考えられる。外国では台湾、フィリピン、ボルネオ島、ジャワ島、スマトラ島、マレー半島、タイ、ミャンマー(ビルマ)南部に分布するが、中国には産せず、マレー半島系のチョウである。はねの開張130ミリメートル内外。日本産のマダラチョウ科では際だって大形で、はねの地色は白色で多少の黒斑(こくはん)を散布し、日本およびその周辺地域にはこれに紛らわしい近似種はない。高所を飛ぶが、飛び方は緩やかで、花に舞い降りるものはたやすくとらえられる。幼虫の食草はキョウチクトウ科のホウライカガミであるが、ガガイモ科のリュウキュウガシワも食べるという。[白水 隆]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オオゴマダラの関連キーワードアサギマダラオオカバマダラカバマダラゴマダラチョウ胡麻斑蝶斑蝶大胡麻斑蝶スカシマダラ(透斑)マダラガ(斑蛾)マダラチョウ(斑蝶)

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

オオゴマダラの関連情報