オオニジュウヤホシテントウ(読み)おおにじゅうやほしてんとう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オオニジュウヤホシテントウ
おおにじゅうやほしてんとう / 大二十八星瓢虫
[学] Henosepilachna vigintioctomaculata

昆虫綱甲虫目テントウムシ科に属する昆虫。日本全土(暖地では山地)および東シベリア、朝鮮半島、中国に分布する。ジャガイモやナスの葉を食害する大害虫体長6.5~8ミリメートル。体は半球形で赤褐色ないし灰色の短毛に覆われ、多くの黒色斑点(はんてん)を備える。成虫は初夏から現れ、葉の裏に産卵し、幼虫紡錘形で淡黄色を帯び、枝のある黒くて長い突起を各体節に2~3対もち、成熟すると9ミリメートルぐらいになる。成虫、幼虫はともに葉肉を食べて葉を網状にする。(さなぎ)は葉の裏にみいだされる。

 本種によく似たコブオオニジュウヤホシテントウH. pustulosaは、アザミの葉を食べるが、ジャガイモ畑にもみられ、南部を除く北海道に分布する。さらに北海道南部より本州にかけて、アザミやルイヨウボタン主食とする前種の近縁種が産し、それらの間の複雑な関係は分類や生態などの研究上、興味のある対象となっている。

[中根猛彦]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オオニジュウヤホシテントウ
Epilachna vigintioctomaculata

鞘翅目テントウムシ科。俗にテントウムシダマシという。体長 6.5~8mm。体は黄褐色ないし赤褐色で灰褐色の微毛におおわれるが,背面の 28個の斑紋,小楯板,体下面,腿節中央部は黒い。ニジュウヤホシテントウに似るがやや大型で,背面が顕著に隆起し,斑紋も大きい。ジャガイモ,トマト,ナスなどナス科植物の害虫として有名で,北海道,本州,四国,九州,中国,シベリアに分布する。 (→テントウムシ )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のオオニジュウヤホシテントウの言及

【テントウムシダマシ】より

…テントウムシ科に属するオオニジュウヤホシテントウHenosepilachna vigintioctomaculataニジュウヤホシテントウH.vigintioctopunctata(イラスト)の両種を指す俗称。テントウムシはアブラムシ類を食して有益であるが,テントウムシダマシはテントウムシに似た色と形をもちながら,ジャガイモ,ナス,トマトなどのナス科の農作物を食べ荒らす害虫として知られる。…

【ニジュウヤホシテントウ】より

…9月ころまでに2世代を経ることができる。ジャガイモの大害虫で知られるオオニジュウヤホシテントウH.vigintioctomaculataは日本各地に分布し,体長6.5~8mm。上翅の肩部がより強く前方へはりだし,背面のもり上がりも強く,黒紋も大きい。…

※「オオニジュウヤホシテントウ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android