コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オオニジュウヤホシテントウ オオニジュウヤホシテントウ Epilachna vigintioctomaculata

2件 の用語解説(オオニジュウヤホシテントウの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オオニジュウヤホシテントウ
オオニジュウヤホシテントウ
Epilachna vigintioctomaculata

鞘翅目テントウムシ科。俗にテントウムシダマシという。体長 6.5~8mm。体は黄褐色ないし赤褐色で灰褐色の微毛におおわれるが,背面の 28個の斑紋,小楯板,体下面,腿節中央部は黒い。ニジュウヤホシテントウに似るがやや大型で,背面が顕著に隆起し,斑紋も大きい。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オオニジュウヤホシテントウ
おおにじゅうやほしてんとう / 大二十八星瓢虫
[学]Henosepilachna vigintioctomaculata

昆虫綱甲虫目テントウムシ科に属する昆虫。日本全土(暖地では山地)および東シベリア朝鮮半島、中国に分布する。ジャガイモやナスの葉を食害する大害虫。体長6.5~8ミリメートル。体は半球形で赤褐色ないし灰色の短毛に覆われ、多くの黒色斑点(はんてん)を備える。成虫は初夏から現れ、葉の裏に産卵し、幼虫は紡錘形で淡黄色を帯び、枝のある黒くて長い突起を各体節に2~3対もち、成熟すると9ミリメートルぐらいになる。成虫、幼虫はともに葉肉を食べて葉を網状にする。蛹(さなぎ)は葉の裏にみいだされる。
 本種によく似たコブオオニジュウヤホシテントウH. pustulosaは、アザミの葉を食べるが、ジャガイモ畑にもみられ、南部を除く北海道に分布する。さらに北海道南部より本州にかけて、アザミやルイヨウボタンを主食とする前種の近縁種が産し、それらの間の複雑な関係は分類や生態などの研究上、興味のある対象となっている。[中根猛彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のオオニジュウヤホシテントウの言及

【テントウムシダマシ】より

…テントウムシ科に属するオオニジュウヤホシテントウHenosepilachna vigintioctomaculataニジュウヤホシテントウH.vigintioctopunctata(イラスト)の両種を指す俗称。テントウムシはアブラムシ類を食して有益であるが,テントウムシダマシはテントウムシに似た色と形をもちながら,ジャガイモ,ナス,トマトなどのナス科の農作物を食べ荒らす害虫として知られる。…

【ニジュウヤホシテントウ】より

…9月ころまでに2世代を経ることができる。ジャガイモの大害虫で知られるオオニジュウヤホシテントウH.vigintioctomaculataは日本各地に分布し,体長6.5~8mm。上翅の肩部がより強く前方へはりだし,背面のもり上がりも強く,黒紋も大きい。…

※「オオニジュウヤホシテントウ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

オオニジュウヤホシテントウの関連キーワードテントウムシダマシベダリアテントウ偽瓢虫七星瓢虫二十八星瓢虫瓢虫籐筵てんとう虫てんとう虫の歌テントウムシ(天道虫)

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone