コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オオヘビガイ(大蛇貝) オオヘビガイSerpulorbis imbricatus

世界大百科事典 第2版の解説

オオヘビガイ【オオヘビガイ(大蛇貝) Serpulorbis imbricatus】

名のようにヘビのとぐろのように巻いて岩に固着する(イラスト)。ムカデガイ科の巻貝。殻は巻くが不規則なので一定の高さや太さは示せないが,まるい管の太さは直径1.5cmくらいになる。岩の上についているのはまるく平たく巻径5cm,高さ2cmくらいになるが,岩の下にいるのは巻かず長くのびることもある。ふつうの貝のように巻き下がれず,逆に巻き上がるために見かけ上左巻となる。殻の表面には縦に細い肋があって成長脈と交わり,褐色を帯びる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報