コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オオヘビガイ(大蛇貝) オオヘビガイSerpulorbis imbricatus

世界大百科事典 第2版の解説

オオヘビガイ【オオヘビガイ(大蛇貝) Serpulorbis imbricatus】

名のようにヘビのとぐろのように巻いて岩に固着する(イラスト)。ムカデガイ科の巻貝。殻は巻くが不規則なので一定の高さや太さは示せないが,まるい管の太さは直径1.5cmくらいになる。岩の上についているのはまるく平たく巻径5cm,高さ2cmくらいになるが,岩の下にいるのは巻かず長くのびることもある。ふつうの貝のように巻き下がれず,逆に巻き上がるために見かけ上左巻となる。殻の表面には縦に細い肋があって成長脈と交わり,褐色を帯びる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android