コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オオミズアオ オオミズアオ Actias artemis; luna moth

3件 の用語解説(オオミズアオの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オオミズアオ
オオミズアオ
Actias artemis; luna moth

鱗翅目ヤママユガ科。大型のガで前翅長 50~65mm。翅は青白色で黄色の眼状紋をもち,前翅前縁は赤褐色に縁どられる。後翅に長い尾状突起があるが,雌では雄よりはるかに短く幅広い。体も青白色毛におおわれるが,両前翅基部間の背面は赤褐色である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

オオミズアオ

鱗翅(りんし)目ヤママユガ科のガの1種。開張100mm内外,青白色の優雅な大型のガで後翅は長く後方に突出する。日本全土,シベリア東部,中国などに分布。幼虫はウメ,サクラカエデなどの木の葉を食べ,蛹(さなぎ)で越冬,成虫は年2回,春と夏に現れる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オオミズアオ
おおみずあお / 大水青蛾
[学]Actias artemis

昆虫綱鱗翅(りんし)目ヤママユガ科に属するガ。はねの開張90~100ミリメートル。はねは細長く、後ろばねは尾状に伸び、雄ではとくに長い。薄い青色の地に白鱗を散布し、前後翅とも小さい眼状紋があって、内側は紫黒色線で縁どられる。北海道から屋久(やく)島まで全国的に普通で、よく灯火に飛来する。春と夏の2回出現し、夏に出る雄は黄色みが強く、波状の外横線が明瞭(めいりょう)なことが多い。国外では朝鮮、シベリア、中国に分布する。幼虫はバラ科、ブナ科、カバノキ科などの樹木の葉を食べる緑色のイモムシで、背面各節の突出部から長い刺毛が生えている。蛹(さなぎ)で冬を越す。本種に似て、幼虫がハンノキ属の樹木に寄生するオナガミズアオA. gnomaも日本に分布している。[井上 寛]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オオミズアオの関連キーワード枯葉蛾樟蚕蓑蛾山繭神樹蚕ヒマサンエゾヨツメテグスサン(天蚕糸蚕)ヤママユ(山繭)ヨナグニサン(与那国蚕)

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone

オオミズアオの関連情報