オキアミ類(読み)オキアミるい(英語表記)krill

翻訳|krill

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オキアミ類
オキアミるい
krill

軟甲綱オキアミ目 Euphausiaceaに属する種類の総称。オキアミ科 Euphausiidae 85種,ソコオキアミ科 Bentheuphausiidae 1種が知られている。一般に体長 1~3cmで,エビあるいはアミ類によく似ているが,すべての胸脚が二叉型であり,それらの基部についている樹枝状の鰓が甲の外に裸出していることによってエビ類から区別される。また頭胸部全体が甲で覆われていること,尾部に平衡胞のないことによってアミ類から区別される。雌はアミ類と異なって哺育嚢をもたず,直接海中に放卵することが多い。孵化したノープリウス幼生はプランクトン生活の間に脱皮を重ね,変態して成体形となるが,成熟までに 1~3年を要する。一生浮遊生活をするが,昼間は深部に沈み,夜間は表層に浮上する日周垂直移動をする。すべて海産で,魚類ヒゲクジラ類,海鳥の重要な餌料となる。岩手県沿岸や若狭湾周辺では春に浮上してくるツノナシオキアミ Euphausia pacifica(地域によりイサダあるいはアミエビと呼ぶ)を対象とする漁業があり,冷凍あるいは煮干しにして養鱒や養鶏の餌料,釣餌として利用する。また南氷洋のヒゲクジラ類の天然餌料として有名なナンキョクオキアミ E. superba を食用に利用するために,産業的に成り立つ漁法や加工法が研究され,一部利用されている。(→甲殻類節足動物軟甲類

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android