コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オキザリス オキザリス Oxalis; lady's sorrel; wood sorrel

5件 の用語解説(オキザリスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オキザリス
オキザリス
Oxalis; lady's sorrel; wood sorrel

カタバミ科オキザリス (カタバミ) 属の総称。一年草,多年草亜低木などさまざまな種数が,全世界に約 800種分布する。特にアフリカ中南米に多い。日本に自生する野草のカタバミミヤマカタバミなども本属に含まれ,ムラサキカタバミのように南米から帰化し,雑草として広く定着しているものもある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

オキザリス(〈ラテン〉Oxalis)

カタバミ科オキザリス属(カタバミ属)の植物の総称。特に園芸種をさし、花の色は黄・紫・桃色などがある。葉と花は、夜間あるいは雨天や曇天のときに閉じる。名は、酸っぱいの意のギリシャ語に由来。 春》

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

オキザリス【Oxalis】

カタバミ科カタバミOxalis(英名wood sorrel,sorrel。sorrelはギシギシ属Rumexもさす)は世界各地に約300種が広く分布する草本植物であるが,そのなかで花が大きく観賞用に栽培されるものが,オキザリスの名で呼ばれることが多い(イラスト)。とくに球根性の種は耐寒性もあり,鉢植えや花壇の植込みにも多く用いられるようになった。これら球根性種で日本に栽植されているものには,次のような種がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

オキザリス【oxalis】

カタバミ科カタバミ属のうち、特に観賞用に栽培されるハナカタバミ・シボリカタバミなどの輸入種をいう。ハート形の三小葉からなる葉は根生し、長い柄がある。花は径1.5センチメートル 内外の五弁花で、桃赤色・黄色・白色など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オキザリス
おきざりす
[学]Oxalis

カタバミ科の球根草。世界中に自生種があり、観賞用には熱帯アメリカ、アフリカ原産のものが十数種栽培されている。球根は匍匐(ほふく)性の根茎もしくは鱗茎(りんけい)。花は夜間や雨天、曇天でしぼむので、できるだけ日当りのよい所で栽培する。寒さに弱い品種や秋咲き、冬咲き品種は温室やフレーム内で栽培するが、夏咲き品種は花壇にも植えられる。繁殖は分球による。オキザリスという属名は、酸を意味するギリシア語に由来し、茎葉をかむと酸っぱい汁が出ることからきている。[平城好明]

種類

セルヌアO. cernua Thunb.は南アフリカのケープ原産で、春に約20センチメートルの花茎頂部に3~8個の黄色花をつける。秋に4、5号鉢に3球植えとし、フレーム内で栽培する。バリアビリスO. variabilis Jacq.はケープ原産で、11月から翌年の春まで、花径約4センチメートルの花を次々と開く。花色は桃、紅、白色の3種がある。9月に鉢植えしてフレーム内で栽培する。ブラジリエンシスO. brasiliensis Lodd.はブラジル原産で、寒さに比較的強く、露地植えも可能。秋に植えると5月ごろに1~2センチメートルの濃紫紅色花を開く。ヒルタO. hirta L.は南アフリカ原産の有茎種。秋に植え付け温室やフレーム内で栽培すると、11月から翌年の2月にかけて紅色花を開く。暖地では露地での越冬も可能。ボウイアーナO. bowieana Lodd.はケープ原産で、春に植え付けると、夏から秋にかけ花径2~3センチメートルの濃紅色花をつける。性質は強健で耐寒性も強い。マルチアーナO. martiana Zucc.は南アフリカ原産で、寒さに強く、春に植え付けると6~10月に桃色の小花を多数つける。ロバータO. lobata Simsはチリ原産で、寒さに強く、秋から翌年の春まで黄色花を開く。ディッペイO. deppei Lodd.はメキシコ原産で、小葉は4枚つき、その中央部に褐色の斑(ふ)が入る。[平城好明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オキザリスの関連キーワードハナカタバミムラサキカタバミ錨酢漿叡山酢漿草酢漿草藻剣酢漿草深山酢漿草紫酢漿草酢漿草草酢漿

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

オキザリスの関連情報