オキナグサ(英語表記)Pulsatilla cernua (Thunb.) Spreng.

世界大百科事典 第2版の解説

オキナグサ【Pulsatilla cernua (Thunb.) Spreng.】

山地の草原に生えるキンポウゲ科多年草根茎は直立し,太い根があり,根生葉叢生(そうせい)する。根生葉は羽状複葉で,小葉は中~深裂し,さらに欠刻する。葉柄基部は広がって葉鞘(ようしよう)となる。春,花茎を出し,1個の花を頂生し,その下に無柄の茎葉を輪生する。この茎葉輪はしばしば総苞とよばれる。植物体は白い長軟毛におおわれる。花は鐘状でうつ向いて咲き,萼片は6枚,平開せず外面は白い絹様毛を生じ,内面は暗赤紫色。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オキナグサ
おきなぐさ / 翁草
[学]Pulsatilla cernua Spreng.

キンポウゲ科の多年草。春に葉が出ると同時に花茎を伸ばし、花期に約10センチメートルとなり、花期後に30~40センチメートルとなる。葉は根際につき、葉柄があり2回羽状複葉で、小葉はさらに深く裂け、裂片はくさび形で線形。全体が白毛に覆われる。花弁はなく、萼片(がくへん)6枚が花弁状になり、暗紫色で表面は白毛に覆われ、下向き鐘形の花を普通は1個頂生する。果実は長卵形の痩果(そうか)で、花柄の先に集まってつき、柱頭が羽毛状に成長し白髪状となり、名はこれに由来する。オキナグサの名は『本草和名(ほんぞうわみょう)』や『和名抄(わみょうしょう)』にもみられ、根は白頭翁と称し、古くから薬用とされた。薬用種は本来中国原産のヒロハオキナグサで、朝鮮産のものも同様に用いられる。山野の明るい草地などに生育し、北半球に約30種分布し、山草として鉢植えやロック・ガーデン用とする。繁殖は秋に株分けによるが、実生(みしょう)も可能で新鮮な種子を用いる。
 ヨーロッパに広く分布するセイヨウオキナグサは白、赤、藍(あい)、赤紫色と花色は豊富で、花茎は15~30センチメートルとなり、花期後の花柱は日本のオキナグサ同様白髪状となる。[冨樫 誠]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

オキナグサの関連情報