コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オゴタイ・ハーン Ögödei Khan

世界大百科事典 第2版の解説

オゴタイ・ハーン【Ögödei Khan】

1186‐1241
モンゴル帝国の第2代皇帝。在位1229‐41年。廟号太宗オゴデイ・ハーンともいう。オゴタイ・ハーン国の開祖。チンギス・ハーンの第3子。前代以来未解決の征服事業の達成をめざし,ホラズム国を完全に滅ぼしてイランを平定し,1234年に親征して朝を滅ぼした。内政面では,モンゴル高原に対しては井戸を開削して牧地の拡充を図り,家畜税を定め,農耕地帯に対しては戸口調査をして新税法を定め,税収の確保につとめた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のオゴタイ・ハーンの言及

【モンゴル帝国】より

…チンギス・ハーンはこのとき病死したが,以上の活動の結果,帝国の版図は内陸アジアを中心にいちじるしく拡大した。第2代のオゴタイ・ハーンは,34年に金朝を討滅し,36‐42年にバトゥにヨーロッパ遠征を行わせ,これらの結果,華北とロシアを版図に加えた。第4代のモンケ・ハーンは,52年にフレグに西征させ,イスマーイール教国とアッバース朝を滅ぼし,イラン・イラク方面を領土に加え,フビライに大理国を滅ぼさせて雲南を支配下に入れ,チベットを招降させ,別に高麗を属国化し,南宋征討を開始した。…

※「オゴタイ・ハーン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

オゴタイ・ハーンの関連キーワードチャガタイ・ハーン国オゴタイ・ハーン国チャガタイ・ハーンアルタイ[山脈]オゴデイ・ハーンオゴタイ・ハーンチンギス・ハーンエルデニ・ズー四ハーン国カラコルム元(王朝)太宗(元)世祖(元)聖武親征録黒韃事略元朝秘史ハイドゥモンゴルハイトンジャムチ

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android