オゴタイ・ハーン(英語表記)Ögödei Khan

世界大百科事典 第2版の解説

オゴタイ・ハーン【Ögödei Khan】

1186‐1241
モンゴル帝国の第2代皇帝。在位1229‐41年。廟号太宗オゴデイ・ハーンともいう。オゴタイ・ハーン国の開祖。チンギス・ハーンの第3子。前代以来未解決の征服事業の達成をめざし,ホラズム国を完全に滅ぼしてイランを平定し,1234年に親征して朝を滅ぼした。内政面では,モンゴル高原に対しては井戸を開削して牧地の拡充を図り,家畜税を定め,農耕地帯に対しては戸口調査をして新税法を定め,税収の確保につとめた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のオゴタイ・ハーンの言及

【モンゴル帝国】より

…チンギス・ハーンはこのとき病死したが,以上の活動の結果,帝国の版図は内陸アジアを中心にいちじるしく拡大した。第2代のオゴタイ・ハーンは,34年に金朝を討滅し,36‐42年にバトゥにヨーロッパ遠征を行わせ,これらの結果,華北とロシアを版図に加えた。第4代のモンケ・ハーンは,52年にフレグに西征させ,イスマーイール教国とアッバース朝を滅ぼし,イラン・イラク方面を領土に加え,フビライに大理国を滅ぼさせて雲南を支配下に入れ,チベットを招降させ,別に高麗を属国化し,南宋征討を開始した。…

※「オゴタイ・ハーン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android