コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

耶律楚材 やりつそざいYe-lü Chu-cai; Yeh-lü Ch`u-ts`ai

6件 の用語解説(耶律楚材の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

耶律楚材
やりつそざい
Ye-lü Chu-cai; Yeh-lü Ch`u-ts`ai

[生]1190
[没]1244
モンゴル帝国初期の功臣,文学者。字,晋卿。王室の一族で,父はの重臣耶律履。初め金に仕えたが,その滅亡後はモンゴル帝国の太祖チンギス・ハンに招かれ政治顧問となり,太宗オゴデイにも信任されて宰相となり,内政に貢献した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

やりつ‐そざい【耶律楚材】

[1190~1244]モンゴル帝国初期の功臣。字(あざな)は晋卿(しんけい)。諡(おくりな)は文正。契丹族に属し、遼(りょう)の王族の子孫。に仕えたが、チンギス=ハンに降って政治顧問となり、オゴタイ=ハンに信任されて中書令となり、行政制度・税制などの基礎を確立。文集「湛然居士集」、見聞記「西遊録」。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

耶律楚材【やりつそざい】

モンゴル帝国初期の重臣。の王族の子孫,代々朝に仕えた。1215年チンギス・ハーンに降伏し,その政治顧問となり,西域遠征に従った。オゴタイ・ハーンの即位に尽力,宰相として,中国経営の基礎を築く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

やりつそざい【耶律楚材 Yē lǜ Chǔ cái】

1190‐1244
モンゴル朝初期の政治家。遼の太祖耶律阿保機の子孫であるが,本人は太祖の長子東丹王倍の血を引くことを誇りとする。父の耶律履は金に仕えて尚書右丞まで進んだ。楚材は生後1,2年で父を失い,母楊氏に教育され,金の章宗の代に科挙に1位で合格した。モンゴル軍の侵入に際しては,左右司員外郎として中都(北京)にあり,その陥落にともなってチンギス・ハーンに仕えることになった。ハーンは彼を〈ウト・サカル〉(長い髯(ひげ))と呼び,側近で重用した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

やりつそざい【耶律楚材】

1190~1244) モンゴル帝国初期の功臣。字あざなは晋卿、諡おくりなは文正。遼りようの王族の子孫で、初め金に仕えたが、チンギス-ハンに重用され、オゴタイ-ハンの宰相となり、帝国財政の基盤を確立。著「湛然たんぜん居士集」

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

耶律楚材
やりつそざい
(1190―1244)

モンゴル帝国初期の功臣。字(あざな)は晋卿(しんけい)、諡(おくりな)は文正、号は湛然居士(たんぜんこじ)。耶律氏は遼(りょう)の王族の出身で代々金(きん)に仕えた。楚材は天文、地理、数学、医学、儒教、仏教、道教に通じていた。1215年モンゴル軍が燕京(えんけい)(北京(ペキン))を占領したときチンギス・ハンに降(くだ)ってその政治顧問となり、西域(せいいき)遠征に従った。オゴタイの即位に尽力し、中書令として重用された。金の滅亡後(1234)、華北の土地に適した政策を実施し、軍政と民政とを分離して軍官が民政に干渉せぬようにし、また、税制を整備して帝国の経済的基礎を確立したが、オゴタイ・ハンの死(1241)後は左遷された。詩人、文人としても優れ、文集『湛然居士集』、西域遠征に従った際の見聞記『西遊録』がある。楚材の子の鋳(ちゅう)(1221―85)も世祖フビライに仕えて高官となり、とくに詩人として有名である。[護 雅夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

耶律楚材の関連キーワード鎌倉幕府耶律楚材耶律楚材従容録フリードリヒ[1世]宇佐美実政建久鎌倉時代ドイツ文学コソボの地位交渉

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

耶律楚材の関連情報