コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オシェロフ オシェロフ Osheroff, Douglas D.

2件 の用語解説(オシェロフの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オシェロフ
オシェロフ
Osheroff, Douglas D.

[生]1945.8.1. ワシントンアバディーン
アメリカ合衆国物理学者フルネーム Douglas Dean Osheroff。1973年コーネル大学で博士号を取得。ベル研究所研究員などを経てスタンフォード大学教授。1970年代初めコーネル大学低温実験室でデービッド・M.リーロバート・C.リチャードソンとともに,ヘリウム3における超流動の実験を行ない,絶対温度 0.002Kまで冷却されたヘリウム3が液体としての粘り気を失って容器の壁面を登り外に流れ出ることを確認した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オシェロフ
おしぇろふ
Douglas D. Osheroff
(1945― )

アメリカの実験物理学者。ワシントン州のアバディーン生まれ。高校時代は、物理と化学の成績がよいふつうの生徒であった。スタンフォード大学に在学していた兄と比べられるのが嫌でカリフォルニア工科大学に進学し、そこでR・ファインマンの有名な学部生向けの講義を受ける。1967年に卒業、大学院はコーネル大学に進み、低温物理学研究所所長のD・リーと知り合う。リーの教育助手を務め、低温物理研究グループに参加するように勧められる。1973年に博士。大学院生だった1971年、絶対零度(-273.15℃)近くの極低温にしたヘリウムが「相転移」をおこす現象の兆しをとらえ、1972年に確認した。極低温で相転移をおこしたヘリウム3は「超流動」とよばれる特殊な状態になる。超流動状態では、原子や分子などのミクロの世界が従う量子力学の法則が、マクロな状態で実現する。コップの中のヘリウム3が、コップの壁を伝って外部に流れ出す現象が有名である。1972年から1982年までベル研究所で研究を進め、1982年から1987年までは同研究所で固体物理と低温物理の研究リーダーを務めた。1987年にスタンフォード大学教授。ヘリウム3の超流動の発見で、大学院生時代に指導してくれたリー、R・リチャードソンとともに、1996年のノーベル物理学賞を受賞した。[馬場錬成]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オシェロフの関連キーワードワシントン会議ワシントン・ポストワシントンポストワシントニアンWashington DCワシントンスクエア公園ワシントン・ナショナル交響楽団ワシントン輸出入銀行ワシントン条約と種の保存法ワシントン軍縮条約

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone