コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オショグボ オショグボOshogbo

5件 の用語解説(オショグボの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オショグボ
オショグボ
Oshogbo

ナイジェリア南西部の都市。ラゴスから鉄道で北東方約 290kmのオシュン川沿岸に位置。オショグボの東 19kmにあるイボクンからの移住者たちがオシュン河畔に定着したのが町の起源で,イレシャ王国の小さな町であったが,19世紀初期にイスラム教徒フラニ族に追われた移住者などの増加で次第に大きくなり,1840年にはフラニ族とヨルバ族の戦争の戦場となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

オショグボ

ナイジェリア西部,イバダンの北東80kmにあるヨルバ人の都市。カカオ加工業の中心。綿織物タバコなどの産もある。46万5000人(1995)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

オショグボ【Oshogbo】

西アフリカのナイジェリア南西部,内陸の都市。人口46万5000(1995)。オシュン川に沿って農業と商業によって栄え,現在は繰綿,織物,タバコ工場などがある。町は17世紀に建設されたといわれる。1839年にヨルバ族の都市国家イバダンが,南下してくるフルベ(フラニ)族の国イロリンを敗走させた重要な戦争の戦場となった。ヨルバ族にとっては歴史的な意義のある都市である。【西野 照太郎

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オショグボ
おしょぐぼ
Oshogbo

西アフリカ、ナイジェリア西部、オシュン州の州都。イバダンの北東85キロメートルにある。人口46万5000(1995)。オシュン川の近くにあり、8月にこの川を崇拝するオシュン祭が行われる。1906年ラゴスから鉄道が開通し、ココアヤムイモの集積地として発展。染色や綿織物のほか綿繰り工場、敷物工場などの近代工業もある。[島田周平]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone