オショグボ(英語表記)Oshogbo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オショグボ
Oshogbo

ナイジェリア南西部の都市。ラゴスから鉄道で北東方約 290kmのオシュン川沿岸に位置。オショグボの東 19kmにあるイボクンからの移住者たちがオシュン河畔に定着したのが町の起源で,イレシャ王国の小さな町であったが,19世紀初期にイスラム教徒フラニ族に追われた移住者などの増加で次第に大きくなり,1840年にはフラニ族とヨルバ族の戦争の戦場となった。 1906年鉄道が通じ,ココア,パーム油,パーム核,ヤムイモ,キャッサバ,綿花などの集散地となる。染色,織物,綿繰りなどの工業がある。周辺はタバコの産地。人口 42万 800 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

オショグボ【Oshogbo】

西アフリカのナイジェリア南西部,内陸の都市。人口46万5000(1995)。オシュン川に沿って農業と商業によって栄え,現在は繰綿,織物,タバコ工場などがある。町は17世紀に建設されたといわれる。1839年にヨルバ族の都市国家イバダンが,南下してくるフルベ(フラニ)族の国イロリンを敗走させた重要な戦争の戦場となった。ヨルバ族にとっては歴史的な意義のある都市である。【西野 照太郎】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オショグボ
おしょぐぼ
Oshogbo

西アフリカ、ナイジェリア西部、オシュン州の州都。イバダンの北東85キロメートルにある。人口46万5000(1995)。オシュン川の近くにあり、8月にこの川を崇拝するオシュン祭が行われる。1906年ラゴスから鉄道が開通し、ココアやヤムイモの集積地として発展。染色や綿織物のほか綿繰り工場、敷物工場などの近代工業もある。[島田周平]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android