コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イバダン イバダン Ibadan

6件 の用語解説(イバダンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イバダン
イバダン
Ibadan

ナイジェリア南西部の都市。同国第2の都市。ラゴス北北東約 143km,標高約 200mの丘陵上に位置。地名は「サバナのほとり」を意味するヨルバ語に由来。ヨルバ族の中心地で,18~19世紀の部族間の紛争の時代に,多数のヨルバ族が定着,軍事拠点として次第に発展した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

イバダン(Ibadan)

ナイジェリア南西部の商業都市。オヨ州の州都。19世紀初頭、ヨルバ族のオヨ帝国から独立したイバダン王国の首都が置かれた。カカオ、ヤシ油などの農産物の集散地として発展。ラゴスとは鉄道・幹線道路で通じる。人口、行政区184万(1991)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

イバダン

ナイジェリア西部,ヨルバランドの中心地。ヨルバ人の古都で,19世紀には都市国家として栄えた。アフリカ人の建設した最大の都市といわれる。ココア,ヤシ油,タバコなど農産物の集散地として発展。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

イバダン【Ibadan】

西アフリカ,ナイジェリアのオヨ州の州都。人口136万5000(1995)で,西アフリカ屈指の大都市。イバダン周辺は元来ヨルバ族の居住地域で,18世紀末から,戦乱を逃れた彼らの一部が集落をつくり農業を営んでいた。19世紀初頭,やはりヨルバ族の一部がつくっていたオヨ王国の国内が,フルベ(フラニ)族の勢力浸透によって混乱に陥ると,多くの人々がイバダンに避難した。こうした情勢のなかでイバダンは急激に軍事的な都市国家としての性格を鮮明にした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

イバダン【Ibadan】

ナイジェリア南西部の囲郭都市。一八世紀末に建設され、現在はその北西郊に新市街が成立。ココア・タバコの集散地。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イバダン
いばだん
Ibadan

西アフリカ、ナイジェリア西部、オヨ州の州都。人口136万5000(1995)。19世紀、オヨ帝国の成立によって、イフェ、エグバ、イジェブなどの地を逃れてきた避難民と戦士たちによってつくられた。1893年にイギリス支配下に入り、1901年にはラゴスから鉄道が開通した。1920年代にはラゴスからの自動車道路も完成し、ココア集積地、商業中心地として栄えた。51年西部ナイジェリアの首都になったときには、人口が40万を超え、伝統的都市としてはアフリカ最大といわれた。町の北方郊外にはナイジェリア最初の総合大学があり、ほかに国際熱帯農業研究所ムーア研究所などもあり、教育、研究の一大中心地である。79年ラゴス―イバダン間に高速道路が完成し、郊外への工場進出が盛んである。おもなものに、電気製品、れんが、たばこ、プラスチックビールなどの工場がある。[島田周平]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のイバダンの言及

【ナイジェリア】より

…もとは,より北に居住していたが,19世紀に北方からのフルベ族の圧迫で,森林地帯に南下した。イバダン,オヨ,イロリン,アベオクタなど,ヨルバ都市と呼ばれるいくつもの都市を形成し,それを中心にそれぞれ王国を形成した。伝説によれば,ヨルバの祖先は天からイフェに送られたといい,ヨルバ諸王国の王はイフェのオニ(支配者)に忠誠を誓った。…

※「イバダン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

イバダンの関連キーワードナイジェリアマラディロコジャECOWASエヌグカラバーディファビアフラニジェール[川]ベヌエ[川]

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

イバダンの関連情報