コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オドエフスキー オドエフスキーOdoevskii, Aleksandr Ivanovich

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オドエフスキー
Odoevskii, Aleksandr Ivanovich

[生]1802.12.8. ペテルブルグ
[没]1839.8.27. カフカス,プセズアペ
ロシアの詩人。古い公爵家に生れたが,農奴制と専制政治に反対して,1825年のデカブリストの反乱に積極的に参加。逮捕されてシベリアへ流刑,12年間の強制労働に従事。その後一兵卒としてカフカスの守備隊に配属されたが,同地で病没。彼の詩は自由を求めるパトスによって貫かれており,A.プーシキンの『シベリアへ送る詩』B Sibir'に答えて,徒刑地のデカブリストを代表して書き送った『プーシキンへの答礼』 Otvet na poslanie Pushkina (1827) は特に有名。ほかに『詩人の夢』 Son poeta (26) ,『ゾシマ』 Zosima (27~29) ,『追悼』 Trizna (28) などがある。

オドエフスキー
Odoevskii, Vladimir Fëdorovich

[生]1804.8.13. モスクワ
[没]1869.3.11. モスクワ
ロシアの小説家,音楽評論家。モスクワ大学に学び,在学中からシェリング,ホフマンらの影響を受け,哲学的,空想的,美学的小説を書いた。そのおもなものに,中編『公爵令嬢ジジ』 Knyazhna Zizi (1839) ,『公爵令嬢ミミ』 Knyazhna Mimi (34) ,『シリヒーダ』 Sil'fida (37) などを収めた著作集『ロシアの夜』 Russkie nochi (44) がある。音楽評論家としては,M.グリンカの歌劇やロシア民謡などを西ヨーロッパ音楽と美学的に比較しながら論じて,ロシア音楽の発達に貢献した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

オドエフスキー(Vladimir Fyodorovich Odoevskiy)

[1803~1869]ロシアの作家・音楽批評家。哲学者シェリングやドイツ‐ロマン派の影響を受けて哲学的小説を書き、哲学サークル「愛智会」を主宰。音楽評論でも活躍した。代表作は連作短編集「ロシアの夜」。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

オドエフスキー【Vladimir Fyodorovich Odoevskii】

1804~1869) ロシアの小説家。ドイツ-ロマン主義の影響を受け、哲学的小説を書いたほか音楽評論でも活躍し、ロシア音楽の独自の伝統を育てることに尽力した。主著は、独特の形式をもつ連作小説・評論集「ロシアの夜」。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

オドエフスキーの関連キーワードオドエフスキー(Vladimir Fyodorovich Odoevskiy)オドエフスキー(Aleksandr Ivanovich Odoevskiy)ロマン主義ロシア哲学ロシア文学12月8日8月11日主著

今日のキーワード

スタットコール

《statは、急を要するの意。「スタッドコール」とも》病院内での緊急召集。緊急事態発生時に、担当部署に関係なく手の空いている医師や看護師を呼び出すために用いる。→コードブルー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android