コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オニキバシリ オニキバシリ Dendrocolaptinae; woodcreepers

2件 の用語解説(オニキバシリの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オニキバシリ
オニキバシリ
Dendrocolaptinae; woodcreepers

スズメ目カマドドリオニキバシリ亜科の鳥の総称。全長 13~35cm。独立した科に分類されることもあったが,今日ではカマドドリ科に含まれている。コオニキバシリ属,ハシブトキバシリ属,ヒメオニキバシリ属,ケンハシオニキバシリ属,ユミハシオニキバシリ属など多くの属があり,約 50種からなる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オニキバシリ
おにきばしり / 鬼木走
woodcreeper

鳥綱スズメ目オニキバシリ科に属する鳥の総称。同科Dendrocolaptidaeは、メキシコからアルゼンチン北部の熱帯林、亜熱帯林や低木林に限り分布しており、13属約50種からなる。全長14~37センチメートル。ほかのスズメ目の鳥と同じように、足指は前3本、後ろ1本で、鋭い曲がったつめで木の幹を垂直に登る。尾羽は堅く、つめとともに体を支える。羽色は全体に暗褐色で、翼と尾は赤みが強く、頭から背にかけて、また下面には、淡色、白色、黒色などの縦斑(じゅうはん)がある種が多い。嘴(くちばし)は種によってさまざまであるが、やや長めで頑丈なものが多く、長く下向きに曲がっているものもある。幹を登りながら、樹皮の表面や割れ目にいる昆虫、クモ類などの小動物をとる。これらの形態と生態はユーラシアとアフリカに分布するキバシリによく似ている。木の割れ目に巣をつくり、2~3個の白い卵を産み、雌雄で抱卵し雛(ひな)を育てる。渡りはしない。[竹下信雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オニキバシリの関連キーワード花鳥猿子知目鳥入内雀紅雀木走オニキバシリ(鬼木走)カマドドリ(竈鳥)オナガカマドドリ亜科カマドドリ亜科

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone