コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オビカレハ

2件 の用語解説(オビカレハの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

オビカレハ

鱗翅(りんし)目カレハガ科のガの1種。開張雄35mm,雌45mm内外。日本全土のほか,ユーラシア大陸に広く分布。幼虫はウメケムシ,テンマクケムシの別名があり,サクラ,ウメなどの大害虫。
→関連項目テンマクケムシ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オビカレハ
おびかれは / 帯枯葉蛾
[学]Malacosoma neustria

昆虫綱鱗翅(りんし)目カレハガ科に属するガ。はねの開張は雄30ミリメートル内外、雌40ミリメートル内外。雄は薄い黄色の地に、前ばねに2本の褐色線があり、個体によってはその間が帯状に黒褐色。雌は赤褐色の地に黄色線がある。触角は櫛歯(くしば)状であるが、雌の櫛歯は非常に短い。ヨーロッパから日本までユーラシアに広く分布し、日本産はtestaceaという亜種に分類されている。北海道から屋久島(やくしま)まで各地に普通で、初夏に羽化して、よく灯火に飛来する。幼虫はウメ、サクラ、モモ、リンゴ、バラ、ヤナギ、ミズナラなど多くの樹木に寄生し、ときには大きな被害をもたらす。庭木として植栽されるウメによくつくので、ウメケムシとよばれることがある。このケムシは背面を赤褐色の帯が2列に走り、その中央に白帯があり、側面には黒帯と青色帯がある。雌は小枝に卵を帯状に産み付け、卵のまま越冬する。春に孵化(ふか)した幼虫は、枝上に糸を張って天幕状の共同の巣をつくってすみ、終齢になってから分散する。したがってテンマクケムシ(英名tent caterpillar)という名もある。5月下旬ごろになると、黄色い粉にまみれた繭をつくって、その中で蛹化(ようか)する。小枝や幹のほか、木を降りて付近のブロック塀などで繭をつくることもある。羽化するのは温暖地では6月ごろであるが、寒冷地では7~8月となる。北アメリカには、本種と近縁で習性のよく似たeastern tent caterpillarとforest tent caterpillarが分布し、森林や果樹の害虫とされている。[井上 寛]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オビカレハの関連キーワード鱗翅類鹿の子蛾枯葉蛾蝙蝠蛾小菜蛾蚕蛾虎蛾蓑蛾帯枯葉蛾松枯葉蛾

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone