コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オフセット オフセットoffset

翻訳|offset

3件 の用語解説(オフセットの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

オフセット(offset)

相殺するもの。埋め合わせとなるもの。「排出する二酸化炭素をオフセットにする取り組み」→カーボンオフセット
平版印刷の一。印刷版から紙に印刷せず、一度ゴムブランケットに転写してから紙に印刷する方式。ゴムの弾力性によって鮮明な印刷ができ、平版印刷のほとんどを占める。オフセット印刷

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

オフセット【offset】

平版印刷の一。版面の画線に付けたインクをゴム-ブランケット面に転写し、それから被印刷体に印刷する間接印刷法の総称。平版印刷全体をいう場合もある。
増幅回路などで、基準とする電圧・電流などの値と実現値との間に生じたり、また意図的に設定したりする定常的な偏差。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

図書館情報学用語辞典の解説

オフセット

平版印刷の一種で,画像などを金属版に製版し,インキ画像をいったんゴムブランケットに転写し,そこからさらに紙などに転写して印刷する方法.この方法を,活版印刷のようなじか刷に対して間接印刷という.平版印刷の大半がオフセット印刷である.版が平らなので,じか刷に比べて版の摩耗が少ない,画線の細かい部分まで明瞭に印刷できるといった特徴がある.また,インキの量は少なくてすむが,紙はその点を考慮した定着性の高いものを使う必要がある.この方法は凸版や凹版印刷に利用されることもある.

出典|図書館情報学用語辞典 第4版
図書館情報学用語辞典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

オフセットの関連情報