コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オフバランス オフバランス off-balance

翻訳|off-balance

4件 の用語解説(オフバランスの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

オフ‐バランス(off-balance)

一般的に資産・負債とみなされているものが会計上資産・負債とみなされず、貸借対照表に計上されていないこと。また、その資産・負債。⇔オンバランス

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

会計用語キーワード辞典の解説

オフバランス

事業運営に活用している資産・負債でありながらも、貸借対照表バランスシート)に計上されないことを意味します。会計上のリスクが存在する取引を貸借対照表(バランスシート)の外に出すことで、企業価値を高めることが可能です。貸借対照表(バランスシート)から資産・負債を消す(オフにする)ことで、外部からの評価を高め、借入・金利負担を軽減し、資産利益率(ROA)を向上させる効果があります。

出典|(株)シクミカ:運営「会計用語キーワード辞典」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

不動産用語辞典の解説

オフバランス

財務体質の改善を図るため、不動産等の資産をバランスシートから外す(=オフバランス)事。証券化等の手法を用い、実際の事業に供している資産をバランスシート(貸借対照表)から外す事により、ROA(総資産利益率)などの財務指標を向上させ、各付けのアップなど、外部評価を高める効果がある。

出典|不動産売買サイト【住友不動産販売】
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

M&A用語集の解説

オフバランス

事業運営に活用している資産・負債でありながらも、貸借対照表(バランスシート)に計上されないことを意味する。会計上のリスクが存在する取引を貸借対照表(バランスシート)の外に出すことで、企業価値を高めることができる。貸借対照表(バランスシート)から資産・負債を消す(オフにする)ことで、外部からの評価(格付け)を高め、借入・金利負担を軽減し、資産利益率(ROA)を向上させる効果がある。オフバランス取引の典型例はリース取引があるが、会計基準の国際化の流れにあわせてリース資産も資産計上されることとなっている。このほか、SPCを悪用した連結外しなども表面化したことから、会計基準が厳格化されオフバランス取引は縮小されていく傾向にある。非上場会社にあっては、法人税法に準拠した会計処理が蔓延しているため、ほとんどの企業で退職給付債務や未払賞与などが貸借対照表に計上されていない(オフバランス)。これらは簿外債務となっているため、非上場会社を買収する際には注意が必要である。簡便的な基準によって貸借対照表の補正を行うには、日本公認会計士協会と日本税理士会連合会などが共同して公表した「中小企業向けの会計基準」が参考になる。

出典|株式会社ストライク
Copyright(c) Strike Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オフバランスの関連キーワード固定負債総資本回転率純資産収益資産資金循環統計財務レバレッジ資産保管会社カーライル・グループ純資産価額法

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

オフバランスの関連情報