コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オポーレ オポーレ Opole

3件 の用語解説(オポーレの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オポーレ
オポーレ
Opole

ポーランド南西部,オポルスキェ県の県都。ドイツ語ではオペルン Oppeln。ウロツワフ南東 80km,シロンスク (シュレジエン ) 低地の南部にある。オドラ川 (オーデル川 ) に面し,中世以来,交通の要地として発展した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

オポーレ【Opole】

ポーランド南部,上シロンスク地方の同名県の県都。人口13万0600(1995)。オーデル川上流右岸の肥沃な平野に位置し,河港をもち,上シロンスクの中心都市として知られる。北と東はチェンストホバ台地,南はズデーテン山地をひかえる古くからの商業都市で,ピアスト王朝の首都として栄えた(1202‐1327)。14世紀の教会をはじめ,17~18世紀の繁栄を背景にしたロココ風やバロック風の美しい町並みで知られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オポーレ
おぽーれ
Opole

ポーランド南部、下シロンスク地方オポーレ県の県都。人口12万8458(2002)。ドイツ名オペルンOppeln。オドラ川中流右岸の肥沃(ひよく)な平野の中心に位置する商業都市で、交通の要地。古い起源の都市で、中世ポーランドの王家ピアスト朝の首都があった(1202~1327)。17~18世紀に繁栄し、14世紀の教会をはじめ、ロココやバロック風の美しい町並みをもつことで知られている。現在は工業都市で、鋳鉄、セメント、農業機械、建設資材の生産が盛んである。[山本 茂]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オポーレの関連キーワードウロツワフザブジェシロンスクレグニツァブロツワフチェンストホバカトビツェグリビツェソスノビエツイェレニャ・グーラ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone