コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オルド Ordu

世界大百科事典 第2版の解説

オルド【Ordu】

トルコ・モンゴル系の遊牧民君主帳幕のこと。オルダともいわれた。具体的には帳幕に付属する婦女子,家畜などすべての動産を含めた君主の財産の一そろえをいう。転じて,宮廷,本営,後宮の意味にも使われる。原義は〈中央〉を意味するといわれ,中国文献には遼代から現れて,行宮,行帳などと漢訳される。君主権力が強化されるに従い組織・規模が整備されていった。チンギス・ハーンの四大オルドは,その最たるもので,君主権強大化の象徴であった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オルド
おるど
ordu

モンゴル語、トルコ語で、宮殿、中央を意味する。もとはハンの天幕をさした。中国、遼(りょう)代においては皇帝に各一つのオルドが設置されたが、これにはそのオルドに隷属する州、県、部民が配属され、オルドの経費や護衛の兵士を出した。皇帝の死後は、その皇后が管理にあたり、州、県の部民はそのまま受け継がれて、皇帝の陵幕を守った。元代においても同様のオルドの制が設けられたが、その数はもっと多く、たとえばチンギス・ハン、フビライ・ハンには各四つのオルドが設けられている。[森川哲雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

オルドの関連キーワードホイットニー・アメリカ美術館ロバート アルドリッチオルドス(鄂爾多斯)部サンチョ1世(肥満王)イテ・ミサ・エストオロチュ(阿羅出)ビチクチ(必闍赤)チャガタイ・ハン国ジンジャントロプスアームストロングチャガタイ・ハンナトロン化石人骨チンギス・ハーンオルドス式銅剣オルドバイ遺跡パンゲルン岩オルドス文化エンドセラスクサリサンゴオルトケラス

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android