コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オルホン碑文 オルホンひぶんOrkhon inscriptions

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オルホン碑文
オルホンひぶん
Orkhon inscriptions

バイカル湖南のオルホン川流域で 1889年に発見された碑文。732年と 735年の日付をもつ二つの石碑は,エニセイ碑文とともに 1893年9月25日デンマークの V.トムセンにより解読され,現在知りうる最古のトルコ語で書かれたものであり,先のものが皇太子キョル・テギン(闕特勤),あとのものが君主ビルゲ・カガン(毗伽可汗)の記念碑であることが判明した。このほかトラ河畔のトニュクク碑文,オンギン河畔のオンギン碑文,イヘ・ホショトゥ河畔のイヘ・ホショトゥ碑文などもオルホン碑文と総称される。これにより 8世紀のトルコ語(突厥語,オルホン・トルコ語ともいう)の様子がかなり明らかになり,チュルク祖語にあったと推定される /ç/ や,語頭の /b/ を保存していることなどが判明した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

オルホン‐ひぶん【オルホン碑文】

モンゴルのオルホン(Orkhon)河畔で発見された古代トルコ語の碑文。732年と735年に建立した墓碑に突厥(とっけつ)文字と漢字で刻まれており、突厥文字解読のかぎとなった。現存する最古のトルコ語資料。オルコン碑文。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

オルホンひぶん【オルホン碑文】

モンゴル高原北部を流れるオルホン(Orkhon)川の旧流域に発見された石碑。いずれも突厥とつけつ文字で記されている。八世紀に建てられたもので、チュルク語の最古の資料。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オルホン碑文
おるほんひぶん

外モンゴルのオルホンOrkhon川流域で発見された古代トルコ語碑文。復興期の東突厥(とっけつ)(突厥第二帝国)のビルゲ・ハガンと、その弟キョル・テギンとの紀功碑で、それぞれ735年、732年(ともに没後)に建てられた。このほか、この2人を助けた重臣トニュククがその生存中に建てた自分の紀功碑がトーラ川流域で発見され、また同様な古代トルコ語碑文がオンギン川流域そのほかから発見されているが、これらもオルホン碑文と総称される。いずれも突厥文字で記され、1893年にデンマークのトムセンが解読の鍵(かぎ)をみつけた。古代トルコ人が初めて自らの文字で記した碑文で、歴史学、言語学の研究に重要な資料である。[護 雅夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のオルホン碑文の言及

【突厥碑文】より

…突厥文字で刻まれた碑文はほかにも,ウイグル帝国時代のものや,エニセイ川上流で発見された小さな碑文群があるが,これらをも突厥碑文ということがある。エニセイ川の碑文は一般にはエニセイ碑文と呼ばれ,先のビルゲ・ハガン碑文などに与えられたオルホン碑文という別名と区別される。しかしエニセイ碑文の碑面の作成年代に関しては,これをオルホン碑文より古いとする説と新しいとする説の2通りがある。…

※「オルホン碑文」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

オルホン碑文の関連キーワードトムセン(Vilhelm Ludvig Peter Thomsen)シャバンヌ(Emanuel Edouard Chavannes)ホショーツァイダム遺跡ビルゲ・ハガンイリク・ハガンチュルク諸語オルホン渓谷トルコ文学チュルク語ビルゲ可汗ラードロフ紀功碑イル契丹

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android