コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オレロン島 オレロンとう Île d'Oléron

2件 の用語解説(オレロン島の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オレロン島
オレロンとう
Île d'Oléron

フランス西部,シャラントマリティム県,ロシュフォール西方の大西洋岸,モーミュッソン水道にへだてられる島。延長 2862mの道路橋 (1966完成) により対岸のルシャピュと結ばれるフランスではコルシカ島に次ぐ面積を有する島。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オレロン島
おれろんとう
le d'Olron

フランス西部の島。面積175平方キロメートル。大西洋にあるフランスの島ではもっとも大きい。人口2万0009(1999)。シャラント・マリティーム県に属す。本土とはモーミュッソンの瀬戸で隔てられているが、1966年に3000メートルの橋により結ばれた。カキの養殖や促成野菜の栽培が盛んで、近年、避暑地として知られるようになった。先史時代からガロ・ロマン、中世など各時代の遺跡、歴史的建造物が残る。[高橋 正]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オレロン島の関連キーワードコニャックサントポアトゥーレー島ポワトゥーシャラントフランス領ソマリランドピノーデシャラントオレロン[島]ラ・ロシェルレ[島]

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

オレロン島の関連情報