オレンジ(英語表記)orange

翻訳|orange

百科事典マイペディアの解説

オレンジ

ダイダイなど酸果種のサワーオレンジと,甘果種のスイートオレンジ和名アマダイダイ)とに大別されるが,日本でオレンジといえば後者をさす。インド原産のミカン科の高木で,代表的柑橘(かんきつ)。果実を生食し,ジュース原料ともなる。ネーブル福原バレンシア等の品種がある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

栄養・生化学辞典の解説

オレンジ

 [Citrus sinensis].ムクロジ目ミカン科ミカン属に属する植物.広く世界で栽培されている柑橘.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

オレンジ

日本のポピュラー音楽。作詞・作曲と歌はJ-POPグループ、GReeeeN。2012年発売。資生堂シーブリーズ」のCMに起用。

オレンジ

フランスの文具メーカー、BIC(ソシエテ・ビック)社の油性ボールペンの商品名。1961年発売。

オレンジ

日本のポピュラー音楽。歌は日本のバンド、安全地帯。2010年発売。作詞・作曲:玉置浩二。テレビ朝日系で放送のドラマ「おみやさん(第7シリーズ)」の主題歌。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

色名がわかる辞典の解説

オレンジ【orange】

色名の一つ。JISの色彩規格では「あざやかな」としている。一般に、柑橘類オレンジの果皮のようなみがかった黄色のこと。オレンジはバレンシアオレンジ、ネーブルオレンジなどミカン科ミカン属植物の総称。黄と赤の中間色として系統色にもなっている。和名のだいだいに相当し、JISの色彩規格でも同色としている。現代では日本人もオレンジ色という用語を自然に使っている。また、日本の多くの企業でコーポレートカラーに採用している。

出典 講談社色名がわかる辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

オレンジ【Orange】

オーストラリア,ニュー・サウス・ウェールズ州,シドニー西北西265km(道路距離)にある都市。人口3万(1991)。果樹,混合農業,肉用羊地帯の中心地で,とくにサクランボで知られる。電気機器工業をはじめ軽工業が発達し,日系企業の毛織物工場もある。近くの金鉱(オファー)のゴールド・ラッシュ(1851)をきっかけに発展。1946年市制。市名はイギリス皇族(後のオランダ王家)名に由来する。【谷内 達】

オレンジ【orange】

かんきつ類のうち,ミカン属(カンキツ属ともいう)Citrusに含まれるものの一群で,大きく次の三つに分けられる。(1)スイートオレンジC.sinensis Osbeck(英名sweet orange) アマダイダイ(甘橙)といわれる種類。普通にオレンジというとこのスイートオレンジをさす。さらにバレンシアオレンジ(イラスト)などの普通系オレンジcommon orange,ネーブルオレンジnavel orange,血ミカンblood orange(またはpigmented orange),無酸オレンジsugar orange(またはacidless orange)の4種に分類できる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

オレンジ【orange】

みかん・夏みかん・ネーブルなどの総称。柑橘かんきつ類。 「 --ジュース」
柑橘類のうち、スイート-オレンジの類の称。
黄色と赤色の中間の色。だいだい色。オレンジ色。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オレンジ
Orange

アメリカ合衆国,カリフォルニア州南部の都市。北西約 50kmに位置するロサンゼルス衛星都市。町の起源は 1871年にさかのぼるが,その後ロサンゼルスの拡大に伴って発展した。冬でも温暖で海に近く,オレンジ栽培地帯にあるので地名となった。柑橘類の加工や包装紙の製造業,航空機産業や電子工業などが進出している。人口 13万6416(2010)。

オレンジ
Orange

アメリカ合衆国,テキサス州南東部の都市。ルイジアナ州との境界をなすサビーヌ川河口付近に位置し,水深の大きな港で,運河によってメキシコ湾に通じている。 1836年に入植開始。林業地および港町として発達し,40年代には早くも蒸気力による製材所が開かれた。南北戦争で一時寂れたが,81年から復興が始った。第1次世界大戦中,造船所が設置され,市の主産業となった。第2次世界大戦後は海軍基地がおかれている。天然ガスと石油の産地にあり,石油化学合成ゴムセメント工業が発達。人口1万 9381 (1990) 。

オレンジ
Orange

アメリカ合衆国,ニュージャージー州ニューアークのすぐ西側にある都市。ニューヨーク市の西 20kmに位置する。 1678年入植。初めはマウンテンプランテーションと名づけられたが,のちにオレンジ (オランニェ) 公にちなんで改称した。 1785年以後帽子製造の中心地。 1830年代に鉄道敷設。産業革命から南北戦争ののちまでは製靴業が盛んであった。長くニューアーク市域の一部であったが,1806年分離。もと市域中に含んでいたイーストオレンジウェストオレンジ,サウスオレンジ,メープルウッドの4自治体とともに郊外住宅地域をつくっている。コンピュータ,航空機部品,薬品などの工場もあるが,おもにニューヨークおよびニューアーク両市の衛星住宅都市的な性格をもつ。人口2万 9925 (1990) 。

オレンジ
Orange

オーストラリア,ニューサウスウェールズ州東部,シドニーの西北西 266kmにある都市。ゴールドラッシュの歴史をもつが,現在は果樹,混合農業,牧羊の中心地。 1972年に 55km東のバサーストとともに成長拠点都市に指定され,電気器具はじめ工場誘致が進んでいる。人口3万 2846 (1991推計) 。

オレンジ

柑橘類」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

オレンジ

〘名〙 (orange)
① ミカン科ミカン属の常緑小高木で、果実が食べられる種類の総称名。花は香が強く、果実は香気があり甘味や酸味に富み、生食、ジュースなどとする。
※航米日録(1860)三「ヲレンズ(亜名)と云ふあり、其形橙の如く、味甘にして蜜柑に似たり」
② ミカン類の一種。ネーブルに似るがやや大形。食用にする。
③ 慣用色名の一つ。赤みがかった黄色。橙色。オレンジ色。
※ゴッホの手紙(1951‐52)〈小林秀雄〉「髪の美しさを誇張する、オレンヂの色調」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のオレンジの言及

【スイートオレンジ】より

…世界のかんきつ類生産量の約70%を占める。酸が多いサワーオレンジなどと区別するためスイートオレンジというが,単にオレンジと呼ばれることが多い。突然変異で多くの品種が系統分化し,それらは次の4品種群に大別できる。…

※「オレンジ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

オレンジの関連情報