金柑(読み)キンカ

デジタル大辞泉の解説

きん‐か【金×柑】

きんかん(金柑)」の略。
金柑頭(きんかあたま)」の略。
「あたまは―なる人あり」〈浮・一代女・六〉

きん‐かん【金×柑】

ミカン科の常緑低木。葉は小さく、両端がとがる。夏、白い小花をつける。実は球形または楕円形で、熟すと黄橙色。香りと酸味が強く、果皮は甘い。生食や砂糖漬けにする。中国の原産。暖地で栽培される。 花=夏 実=秋》「乳児泣きつつ―握り匂はしむ/楸邨

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きんか【金柑】

「きんかん(金柑)」の略。
「きんかあたま(金柑頭)」の略。 「月代さかやきは蠅の滑るばかりに-なる/仮名草子・浮世物語」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

金柑 (キンカン・キンカ)

学名:Fortunella margarita
植物。ミカン科の常緑低木,園芸植物,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

金柑の関連情報