コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オンジ(土壌) おんじ

世界大百科事典内のオンジ(土壌)の言及

【黒ボク土】より

…表土の色が黒く,乾いた土を踏むとボクボクする感じからつけられた〈黒ボク〉という俗称に由来する。四国地方では同じ理由でオンジとよばれる。狭義の火山灰土壌とほぼ同義に使われる。…

【特殊土壌】より

…シラス(南九州に分布する斜長石英粗面岩質の火山堆積物),ボラ(南九州に分布する軽石の俗称),コラ(鹿児島県薩摩半島南端に分布するやや固結した火山砂礫(されき)層),マサ(富士山周辺の火山砂礫層),アカホヤ,オンジ,イモゴと呼ばれる火山灰層などのように,特殊な火山噴出物および花コウ岩風化土,その他とくに侵食をうけやすい土壌をいう。九州,四国,中国を中心に分布するが,とくに南九州地方に広く分布する。…

※「オンジ(土壌)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android