コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オーバネル オーバネルAubanel, Théodore

2件 の用語解説(オーバネルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オーバネル
オーバネル
Aubanel, Théodore

[生]1829.3.26. アビニョン
[没]1886.10.31. アビニョン
フランスの詩人。南フランスの古い方言であるプロバンス語による抒情詩,戯曲がある。郷土愛から,詩人 F.ミストラル,ルマニーユらとともにプロバンス語など南フランスの方言の保存,再生を目的とする文学結社「フェリブリージュ」 Félibrigeを結成 (1854) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

オーバネル【Théodore Aubanel】

1829‐86
フランスの詩人。南仏プロバンス語の抒情詩,劇作で知られる。はじめルーマニーユやミストラルらと,トルバドゥール(中世南仏吟遊詩人)たちの輝かしい伝統を持つプロバンスの言語を刷新し,プロバンス独特の文学をうちたてて故国の顕揚をはかろうと,1854年文学再興運動〈フェリブリージュ〉を結成した。しかしこの会が,当時の王党主義や地方主義などに刺激されて,南フランスの独立,さらには北イタリアカタルニャ地方などを包含したラテン人による一大連邦国家建設を意図する政治的結社の色彩を帯びるようになると,オーバネルはあくまでも芸術至上主義の立場から文学の純粋性を主張してゆずらず,ついに会を脱退した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

オーバネルの関連キーワード鶴屋南北俚言集覧盆栽天満屋Jアダムズ伊沢蘭軒海上胤平瓜生岩エギナ島

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone