コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オーバネル オーバネル Aubanel, Théodore

2件 の用語解説(オーバネルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オーバネル
オーバネル
Aubanel, Théodore

[生]1829.3.26. アビニョン
[没]1886.10.31. アビニョン
フランスの詩人。南フランスの古い方言であるプロバンス語による抒情詩,戯曲がある。郷土愛から,詩人 F.ミストラル,ルマニーユらとともにプロバンス語など南フランスの方言の保存,再生を目的とする文学結社「フェリブリージュ」 Félibrigeを結成 (1854) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

オーバネル【Théodore Aubanel】

1829‐86
フランスの詩人。南仏プロバンス語の抒情詩,劇作で知られる。はじめルーマニーユやミストラルらと,トルバドゥール(中世南仏吟遊詩人)たちの輝かしい伝統を持つプロバンスの言語を刷新し,プロバンス独特の文学をうちたてて故国の顕揚をはかろうと,1854年文学再興運動〈フェリブリージュ〉を結成した。しかしこの会が,当時の王党主義や地方主義などに刺激されて,南フランスの独立,さらには北イタリアカタルニャ地方などを包含したラテン人による一大連邦国家建設を意図する政治的結社の色彩を帯びるようになると,オーバネルはあくまでも芸術至上主義の立場から文学の純粋性を主張してゆずらず,ついに会を脱退した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

オーバネルの関連キーワードオック語プロバンス語ミストラルメネルブオクシタンプロバンス文学ルーマニーユフランコ・プロバンス語プロバンサルプロバンス風

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone