オーバーオール(英語表記)overalls

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オーバーオール
overalls

よごれ,摩擦風雨などから衣服を保護する目的で用いられる外衣総称。医師,実験者,事務員,商人,女性,子供などが上着の上に着る上っ張り仕事着,また荒仕事をするときなどに普通のズボンの上にはくゆったりした上ばきズボンなどがある。堅牢な木綿または化学繊維のデニムなどを使用し,ズボンには胸当て,肩からの吊り紐,前後のパッチポケットなどがついている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

オーバーオール(overall)

胸あて・つり紐(ひも)のついた作業ズボン。子供の遊び着にも使われる。また、上着とズボンの続いた作業服。つなぎ。サロペット。
作業用のゆったりした上っ張り。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

オーバーオール【overall】

汚れを防ぐ目的で衣服の上に着るもの。上っ張りなど。
胸当て付きのズボン。仕事着・遊び着用。オーバー-オールス。サロペット。
全体的・総合的であること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

オーバー‐オール

〘名〙 (overall)
① 医者、婦人、子供、事務員などが着るゆったりと仕上げた上っぱり。仕事着。
※ガトフ・フセグダア(1928)〈岩藤雪夫〉一「私はオバアオールの上に古背広を逆に被ってゐた」
② 胸当てのついた作業ズボン。肩からつるようになっている。胸当てズボン。作業ズボン。
※海に生くる人々(1926)〈葉山嘉樹〉八「彼は油絵のカンバスのやうな、オーバーオールを一つ手に入れることが能(で)きた」
③ 胴着とパンツの続いた子供の遊び着。ロンパース

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

オーバーオールの関連情報