コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カイカムリ カイカムリ Lauridromia dehaani

2件 の用語解説(カイカムリの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カイカムリ
カイカムリ
Lauridromia dehaani

軟甲綱十脚目カイカムリ科 Dromiidae。甲幅 10cmほど。甲は半球状に盛り上がり,鋏脚,歩脚とも硬い短毛で一面に覆われている。後方 2対の歩脚は小さくて背側にかたより,これで海綿などを背負って姿を隠している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カイカムリ
かいかむり / 貝被
[学]Dromia dehaani

節足動物門甲殻綱十脚(じっきゃく)目カイカムリ科に属するカニ。甲幅10センチメートルに達する大形種。東京湾以南の西太平洋からインド洋に広く分布し、浅海の岩場にすむ。甲は幅の狭い楕円(だえん)形で、背面が丸く盛り上がり、一面に硬い短毛で覆われている。前2対の歩脚は正常であるが、後2対の脚(あし)は短くて背中側に位置し、先端が鉤(かぎ)づめ状になっている。ごく近縁で、甲幅15センチメートルを超えるオオカイカムリDromidiopsis dormiaとともにsponge crabの英名があるが、後2対の脚の鉤づめでカイメンを背負っていることが多いためである。そのほか貝殻や群体ボヤを背負っていることもある。カイカムリ科の多くの種は小形で、磯(いそ)にすむイソカイカムリCryptodromia tumidaや浅海産のワタゲカムリPetalomera wilsoniなどは個体数が多い。[武田正倫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カイカムリの関連キーワード軟甲類貝被冠句十脚目カムリ湯かむり唄カイカムリ(貝被)イソカイカムリオオカイカムリミゾカイカムリ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone