コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カイカムリ Lauridromia dehaani

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カイカムリ
Lauridromia dehaani

軟甲綱十脚目カイカムリ科 Dromiidae。甲幅 10cmほど。甲は半球状に盛り上がり,鋏脚,歩脚とも硬い短毛で一面に覆われている。後方 2対の歩脚は小さくて背側にかたより,これで海綿などを背負って姿を隠している。インド西太平洋海域の浅海に広く分布する。なおカイカムリ科は一般に海綿か群体ホヤ(→ホヤ類)を背負い,貝殻を背負うことはない。カニ類としては最も原始的とされている。甲幅 20cmに達するオオカイカムリ Dromia dormia のほか,ワタゲカムリ D. wilsoni,イソカイカムリ Cryptodromia tumida など 1~3cmの小型種が多く,世界から約 130種,そのうち日本からは約 30種が知られている。(→甲殻類十脚類節足動物軟甲類

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カイカムリ
かいかむり / 貝被
[学]Dromia dehaani

節足動物門甲殻綱十脚(じっきゃく)目カイカムリ科に属するカニ。甲幅10センチメートルに達する大形種。東京湾以南の西太平洋からインド洋に広く分布し、浅海の岩場にすむ。甲は幅の狭い楕円(だえん)形で、背面が丸く盛り上がり、一面に硬い短毛で覆われている。前2対の歩脚は正常であるが、後2対の脚(あし)は短くて背中側に位置し、先端が鉤(かぎ)づめ状になっている。ごく近縁で、甲幅15センチメートルを超えるオオカイカムリDromidiopsis dormiaとともにsponge crabの英名があるが、後2対の脚の鉤づめでカイメンを背負っていることが多いためである。そのほか貝殻や群体ボヤを背負っていることもある。カイカムリ科の多くの種は小形で、磯(いそ)にすむイソカイカムリCryptodromia tumidaや浅海産のワタゲカムリPetalomera wilsoniなどは個体数が多い。[武田正倫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

カイカムリの関連キーワードCryptodromia tumidaカイカムリ(貝被)トゲカイカムリ棘貝被甲類貝被

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android