カイニット

世界大百科事典 第2版「カイニット」の解説

カイニット【cainito】

果樹として栽培されるアカテツ科の高木で,乳液を出す(イラスト)。和名英名のカイニットは西インド諸島の現地名に由来する。高さ12~15mとなり,革質の葉は互生し,長楕円形,長さ7~20cm,幅3~10cm,両端はとがり,ふちに鋸歯はなく,裏面には赤褐色の絹毛を密生する。葉柄は長さ1~2cm。花は葉腋(ようえき)に束生し,花梗は長さ約1cm。花冠は帯緑色で長さ約4mm,5中裂し,背面に褐毛がある。子房は褐毛を有し8~12室。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ケッペンの気候区分

ケッペンが1918年に考案した世界の気候区分法。植物分布に注目し、熱帯気候(符合A)・乾燥気候(B)・温帯気候(C)・冷帯気候(D)・寒帯気候(E)に区分した。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android