コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カイマン caiman

翻訳|caiman

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カイマン
caiman

ワニの呼び名の一つで,アリゲーター科の3属,すなわちカイマン属 Caiman,クロカイマン属 Melanosuchus,コビトカイマン属 Palaeosuchusに含まれる5種がその名で呼ばれる。最大種はクロカイマン M. nigerで体長 4.5mになる。メガネカイマンは体長 1.5~2.5mぐらいになり,ときにペットとして売られるが,性質が荒く,成長するにつれて飼育が困難になる。他の3種は,クチヒロカイマン C. latirostris,コビトカイマン P. palpebrosus,ブラジルカイマン P. trigonatusである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

カイマン

アリゲーター科カイマン亜科のワニ。メキシコ南部から南アメリカの熱帯地方に5種が分布している。吻(ふん)の形はややクロコダイルに似る。目の間の隆条が発達し,腹鱗板はすべて骨化している。
→関連項目アリゲーター

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カイマン【caiman】

アリゲーター科のうちカイマンの名がつくワニ類の総称。メキシコ南部から南アメリカの熱帯地方に5種が分布している。一般にもっともよく知られているメガネカイマンCaiman crocodilus(英名spectacled caiman)(イラスト)は,全長の平均1.5~2m,最大は2.5m,中央アメリカ南部から南アメリカのパラグアイまで広く分布する。眼の前方にある隆条が,あたかも眼鏡をかけたように見えるのが名の由来。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

カイマン【caiman】

アリゲーター科のワニの一群の総称。普通、全長1.5~2.5メートル。淡水性で河川に群れですみ、魚・水鳥・小獣を捕食する。比較的おとなしい。中南米の熱帯に分布。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カイマン
かいまん
caiman

爬虫(はちゅう)綱ワニ目アリゲーター科カイマン亜科に属するワニの総称。鼻孔に骨質の隔壁がなく、腹鱗板(ふくりんばん)には骨質板がよく発達し瓦(かわら)を並べたように重なる点でアリゲーター亜科とは別グループに分けられる。さらに前顎骨(ぜんがくこつ)の歯の数、虹彩(こうさい)の色彩、眼窩(がんか)の形状などの相違によって3属5種に分類されている。日本でも子ワニがペットとして人気のあるカイマン属Caimanは比較的吻部(ふんぶ)が細長く、メガネカイマンC. crocodilusは基亜種のメガネカイマンC. c. crocodilusのほか、パラグアイカイマンC. c. yacare、マグダレナカイマン(パナマカイマン)C. c. fuscusおよびアパポリスカイマンC. c. apaporicensisの4亜種に分けられる。このうち日本でもよくみられるのはメガネカイマンで、全長2.5メートル、顔を前方からみると、目の前にある眼窩の形が眼鏡をかけているようにみえる。アマゾン流域南部にすむクチヒロカイマンC. latirostrisは地域によりメガネカイマンの仲間と混生している。コビトカイマン属Paleosuchusにはともに全長1.2メートルほどのコビトカイマンP. palpebrosusとブラジルカイマンP. trigonatusがいる。一方、クロカイマン属MelanosuchusのクロカイマンM. nigerはオオカイマンの別名のとおり最大5メートルに達し、カイマンの仲間では唯一の危険種とされる。
 カイマン亜科のワニは腹鱗板が骨化して硬いため、ワニ皮としての価値が低いものの、剥製(はくせい)やペット用として大量に捕獲され、著しく減少している。また、餌(えさ)は小動物や魚類で、カメを食べることもある。[松井孝爾]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のカイマンの言及

【アリゲーター】より

…子ワニは全長15cmほどで,1年後には30cmに育ち,6年くらいで成熟する。カイマンcaimanは5種がメキシコ南部から熱帯アメリカに分布し,大半が2m前後の小型で,とくにコビトカイマン,ブラジルカイマンは平均1.5mほど。しかしクロカイマンは全長3~4m,最大5mに達する大型で,性質も荒くアリゲーターでは唯一の危険種。…

【アリゲーター】より

…ヨウスコウワニAlligator sinensis(全長2m)1種だけが他とかけ離れてアジア大陸に分布するが,ヨーロッパ,アメリカ大陸から同系統のワニ化石種が発見されており,過去における連続分布が推測できる。 アリゲーター科は頭骨,鱗板などの構造の相違により,アリゲーター類,カイマン類の2群に分けられる。前者はヨウスコウワニとミシシッピワニA.mississippiensis(イラスト)の2種からなる。…

※「カイマン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

カイマンの関連キーワードリオ・プラターノ自然保護区エバーグレーズ国立公園パンタナル保全地域アナコンダ(ヘビ)ダリエン国立公園ブラジルカイマンケイマン[諸島]ラブカ(羅鱶)コビトカイマンケーマン諸島ケイマン諸島アンデス文明アナコンダコビトワニブラジル新熱帯区テリブル淡水性中南米河川

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android