コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワニ

デジタル大辞泉の解説

わに【×鰐】

ワニ目の爬虫(はちゅう)類の総称。大形のものは全長7メートルに達し、胴がやや平たく、尾が強大。体表は硬い鱗板(りんばん)で覆われ、吻(ふん)は長く伸び、大きく鋭い歯が並ぶ。瞳孔は縦長。水中生活にも適応し、鼻孔・目・耳だけを水面上に出して獲物を待ち伏せる。肉食性。アリゲータークロコダイルガビアルなど。を皮革製品に用いる。
サメの古名。
「海の―を欺きて言ひしく」〈・上〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

わに【鰐】

ワニ目の爬虫類の総称。全長1.2メートルから7メートルを超すものまである。頭部は大きく先細りとなり、尾は長大で力が強い。全身が鎧よろい状の硬い鱗板りんばんでおおわれる。口は深く裂け、両顎あごに多数の鋭い歯を備え、嚙む力が強い。四肢は太く短く、後肢には水かきがある。心臓は不完全な二心房二心室。卵生。水陸両生で、河川・湖沼・湿地帯にすみ、夜間水を飲みに来る動物を待ち伏せる。現生種はガビアル・クロコダイル・アリゲーターなどに分けられる。ほとんどが熱帯の淡水に分布。皮は財布・ハンドバッグなどに利用される。
サメ類の古名。 「海の-を欺きて言ひしく/古事記 」 → 鰐の口

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

鰐 (ワニ)

動物。ワニ目に属する動物の総称

鰐 (ワニ)

動物。軟骨魚綱,板鰓亜綱に属する,エイ目を除く魚類の総称。サメの別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

鰐の関連キーワードアマド・V. エルナンデス青森県南津軽郡大鰐町大鰐トヨタマヒメ(豊玉姫)因幡の素兎・因幡の素兔金毘羅・金比羅金毘羅大権現都城[市]ミジョーン因幡の白兎ナイルワニ美土路昌一五十川訒堂日南[市]岐宿[町]もこよう羽鳥重郎大鰐温泉小野 浩外浪逆浦江木保夫

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鰐の関連情報