コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カエサレア[マウレタニア] カエサレア[マウレタニア]Caesarea of Mauretania

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カエサレア[マウレタニア]
Caesarea of Mauretania

古代アフリカ,マウレタニアの港。現アルジェリアのシェルシェル。カルタゴの商港イオルに由来し,前 25年ユバ2世はマウレタニア王国の首都とし,ギリシア文化を導入,ヘレニズム文化の中心地となった。皇帝クラウディウス1世 (在位 41~54) のときローマ植民市 (コロニア) となり,マウレタニア・カエサリエンシスの州都となった。地中海と大西洋貿易で繁栄し,人口 10万を数えるアフリカ第3の都市となった。のちムーア人,バンダル族に強奪された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

スタットコール

《statは、急を要するの意。「スタッドコール」とも》病院内での緊急召集。緊急事態発生時に、担当部署に関係なく手の空いている医師や看護師を呼び出すために用いる。→コードブルー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android