コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カギノテクラゲ(英語表記)Gonionemus vertens

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カギノテクラゲ
Gonionemus vertens

刺胞動物門ヒドロ虫綱淡水クラゲ目ハナガサクラゲ科。傘は直径 15mm,高さ 3mmの皿形で,寒天質は薄いがじょうぶである。傘の縁には 16~80本の細い褐色の触手が並び,触手間には触手と同数の平衡器がある。口柄は短く,4個の白い口唇をもつ。7~8月頃に北海道東北地方の海岸でホンダワラの間に見られる。刺胞毒(→刺胞)が非常に強く,刺されると痛い。北太平洋と北大西洋に広く分布する。(→クラゲ刺胞動物ヒドロ虫類無脊椎動物

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カギノテクラゲ【Gonionemus vertens】

ヒドロ虫綱ハナガサクラゲ科の腔腸動物(刺胞動物)。触手の先端近くが鉤(かぎ)状に曲がっているところからこの名がある。北海道から沖縄まで広く分布し,南方では5~6月ごろアマモの中で,北方では7~8月ごろホンダワラに付着しているのが見られる。他物には傘のほうで逆さになって付着している。傘は比較的扁平で,寒天質は薄いが硬い。北日本産のものは南方のものよりやや小型で,直径15mmほど。生殖腺と触糸は褐色で,口柄は淡い褐色。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カギノテクラゲ
かぎのてくらげ / 鉤手水母
[学]Gonionemus vertens

腔腸(こうちょう)動物門ヒドロ虫綱ヒドロイド目ハナガサクラゲ科に属する海産動物。クラゲの傘は皿状ないし半球状で直径1.5~2センチメートル、傘縁に40~100本みられる触手はその先端近くで折れ曲がっており、そのためにこの名がある。放射管は4本、その全長に沿って生殖腺(せん)がひだをつくって発達する。口柄は短い。普通、浅海のアジモの間などを泳いでいるが、ときどき触手の先端近くにある粘着細胞でアジモにくっついて静止するか、あるいはまた傘を下にして海底に休止する。触手、口柄、生殖腺は褐色。日本の各地沿岸のほか世界に広く分布する。北海道沿岸にみられるキタカギノテクラゲは本種の1変種とされるが、これは多少小形であり、また強い刺胞毒をもっている。ポリプ形はきわめて小形で退化したもので、普通肉眼では識別できないほどであるが、4~6本の触手をもち、単体である。その体上にクラゲ芽ができるほか、小さなプラヌラ様のものを無性的に芽出し、それは付着してまた新しいポリプとなる。[山田真弓]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android