コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カクレエビ カクレエビ Conchodites nipponensis

2件 の用語解説(カクレエビの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カクレエビ
カクレエビ
Conchodites nipponensis

軟甲綱十脚目テナガエビ科 Palaemonidaeのエビ。雌の体長は 3cmほどで,雄はやや小さい。体色は淡い赤褐色タイラギイタヤガイなどの大型二枚貝の外套腔内に普通一対で生活している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カクレエビ
かくれえび / 隠蝦
[学]Conchodites nipponensis

節足動物門甲殻綱十脚(じっきゃく)目テナガエビ科に属するエビ。本州中部から沖縄諸島までの浅海にすむタイラギやイタヤガイなどの二枚貝の外套腔(がいとうこう)内にすむ。体は滑らかで、背腹にやや扁平(へんぺい)。額角(がっかく)は短く、上下両縁とも歯がない。前2対の胸脚(きょうきゃく)にはさみをもち、第2脚が大きい。後3対の胸脚は先端が二叉(にさ)したつめになっている。生時は透明感のある赤褐色で、濃色の斑点(はんてん)が多数ある。近縁のチョウガイカクレエビC. tridacnaeはサンゴ礁にすむシャコガイ類の殻内に入る。
 尾節の側縁に2対の棘(とげ)があるが、カクレエビでは3対である。テナガエビ科カクレエビ亜科のエビ類は二枚貝類のほか、カイメン、イソギンチャク、ホヤなどと共生する。[武田正倫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カクレエビの関連キーワード軟甲類沼海老藜海老乙姫蝦桜蝦芝海老猩猩蝦条蝦手長蝦牡丹海老

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone