カサノバ

デジタル大辞泉の解説

カサノバ

Giovanni Giacomo Casanova》[1725~1798]イタリアの文人。ヨーロッパ各地の貴族の間で漁色・冒険の生涯を送った。フランス語の「回想録」は風俗・文化資料として貴重。カザノバ。
《原題、〈イタリア〉Il Casanova di Federico Fellini》イタリア映画。1976年公開のフェリーニ監督作品。の奔放な女性遍歴と退廃的な宮廷生活を描く。第49回米国アカデミー賞衣裳デザイン賞受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

とっさの日本語便利帳の解説

カサノバ

ジョバンニ・ヤコポ・カサノバ(Giovanni Jacopo Casanova。一七二五~九八)▼ベネチアに生まれ、聖職者を志していたが、一六歳の時に不行跡によって投獄され、神学校を追放された。ヨーロッパ各地を二〇年近く放浪し、軍人、外交官、司祭、哲学者、医師、賭博師、音楽家など、様々な身分を演じながら各国の宮廷と社交界を渡り歩く。晩年に著した『回想録』は、もっぱら漁色と冒険に費やされた生涯を詳細に物語っており、一八世紀のヨーロッパ風俗を知る上で貴重な資料となっている。このうち、あまたの情事の記述はかなり疑問視されているが、彼の名は「女たらし」の意で定着した。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

カサノバ

2005年製作のアメリカ映画。原題《Casanova》。監督:ラッセ・ハルストレム、出演:ヒース・レジャー、シエナ・ミラー、ジェレミー・アイアンズほか。

カサノバ

1976年製作のイタリア映画。原題《Il Casanova di Federico Ferini》。監督:フェデリコ・フェリーニ、出演:ドナルド・サザーランド、ティナ・オーモン、マルガレート・クレマンティ、サンドラ・エレーン・アレンほか。第49回米国アカデミー賞衣裳デザイン賞受賞。

カサノバ

日立製作所の電気シェーバーのシリーズ名。直径10mmの15枚刃スパイラル内刃を採用。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

カサノバ

(Giovanni Giacomo Casanova ジョバンニ=ジャコモ━) イタリアの文筆家。僧職の修行中に身をもちくずし、以後全ヨーロッパを放浪して、多くの有名人と交わり、漁色・冒険の生涯を送った。当時の社会、風俗の貴重な資料となった「回想録」がある。(一七二五‐九八

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カサノバの関連情報