コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カサモチ Nothosmyrnium japonicum Miq.

2件 の用語解説(カサモチの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

カサモチ【Nothosmyrnium japonicum Miq.】

古く中国から渡来したと考えられるセリ科の多年草イラスト)。近畿や関東で逸出し野生化しているところもある。茎は高さ1m内外,上部で多少,枝を分かつ。葉は互生し,葉柄があって2回羽状複葉となり,羽片は卵形,縁には鋸歯があり,茎とともに細毛がある。8~10月ごろ,枝先に複散形花序を作って小さい花を多数つける。花弁は5枚,先は内に巻き白色,萼は発達しない。花序の周辺の花では花弁が少し大きくなる傾向がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カサモチ
かさもち
[学]Nothosmyrnium japonicum Miq.

古くはササバソラシともよんだが、いずれも意味不明。セリ科の多年草。高さ0.6~1.5メートル、茎は紫色で分枝し、1~2回3出複葉をつける。小葉は卵形で長さ2~6センチメートル、幅1~3センチメートル、鋸歯(きょし)があり、縁毛をつける。葉柄は長さ3~10センチメートル、8~10月に径4~7センチメートルの複散形花序をつくり、白色花を開く。総包葉片と小総包葉片は線形ないし披針(ひしん)形でいずれも乾膜質で反り返る。5枚の花弁は楕円(だえん)形、萼歯(がくし)はない。果実は広円形で基部は多少へこむ。果皮に油管が多い。中国原産(黄河以南に分布)で、日本では古くから栽培し野生化もしている。根を真藁本(しんのこうほん)または当帰様(とうきで)の藁本と称して鎮痛、鎮痙(ちんけい)作用があるので、感冒時の頭痛、筋骨の痛みに用いる。単に藁本の名を用いる場合もあるが、これは中国の黄河以南に分布するセリ科のLigusticum sinensisにあてるのが正しい。またワサビデの藁本と称して同じくセリ科のヤブニンジンOsmerhiza aristata Makino et Yabeの根を利用することがある。これはともに薬効が類似しているためである。[長沢元夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カサモチの関連キーワード小豆唐糸唐琴唐猫紅粉古金襴酒林唐本蔓小豆

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone