鎧草(読み)ヨロイグサ

大辞林 第三版の解説

よろいぐさ【鎧草】

セリ科の多年草。中国地方・九州に自生。茎は高さ約2メートルで、中空。葉は羽状複葉。夏から秋、白色の小花を多数散形花序につける。根を乾燥したものを白芷びやくしと呼び、風邪薬とする。オオシシウド。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

鎧草 (ヨロイグサ)

学名:Angelica dahurica
植物。セリ科の多年草,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android