コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カサン Cassin,René (-Samuel)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カサン
Cassin,René (-Samuel)

[生]1887.10.5. フランスバイヨンヌ
[没]1976.2.20. パリ
フランスの法律家,世界人権宣言起草者。ユダヤ商人の子として生れ,法律を学んだのち,第1次世界大戦に従軍。重傷を負い傷病軍人となったことがその後の人生を変えた。のちにパリで国際法の教授となり,1924~38年フランス代表として国際連盟総会やジュネーブ軍縮会議に出席した。第2次世界大戦後はユネスコの創設に努力し,フランス代表をつとめる (1945~52) 。 46~68年国連大使として国連人権委員会委員長をつとめ,人権宣言の起草にあたった。 65~68年ヨーロッパ人権裁判所所長。シオニストであり,ユダヤ人の権利を訴えた。 68年ノーベル平和賞を受賞。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

カサン

フランスの法律家政治家パリ大学,ハーグ国際法研究所,ジュネーブ国際問題研究所の各教授,ド・ゴール亡命政府法相を歴任ユネスコ創立に参画,1948年の世界人権宣言の起草に当たり,国連人権委員会委員・議長(1946年―1968年),1962年以降,ヨーロッパ人権裁判所長官として活躍。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カサン
かさん
Ren Samuel Cassin
(1887―1976)

フランスの法律家、人道主義者。バイヨンヌに生まれる。エクサン・プロバンス大学、パリ大学で法律、経済学などを学び、1914年博士号を取得した。同年、第一次世界大戦が勃発(ぼっぱつ)し従軍したが、1916年重傷を負う。回復ののち、エクサン・プロバンス大学の教授となり、ついで1929年からパリ大学の教授を務めた。戦争経験によって人道主義に目覚め、1918年に傷病軍人・退役軍人連合を組織し、その会長となった。第二次世界大戦では、ロンドンでドゴール亡命政権の法務大臣につき、大戦後は国立行政学院理事長など多くの要職についた。国際連合においても、フランス代表として総会や国連教育科学文化機関(ユネスコ)で活躍、また1946年から1955年まで国連人権委員会の副委員長、1955年から1957年まで委員長を務めた。その間に世界人権宣言の起草にも携わった。このような長年にわたる国際平和および人権擁護の功績に対し、1968年にノーベル平和賞が贈られた。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

カサンの関連キーワードカサンドラ 愛と運命の果てにデメトリオス[ファレロン]ユネスコ(UNESCO)サンショウウオ(山椒魚)アメリカサンショウウオホラアナサンショウウオアレクサンドロス4世レシャ ウクラインカメクラサンショウウオオリュンピオドロスデメトリオス1世カッサンドラ半島サンゴヤドリガニハルキディキ半島ウェットストーンモモイロサンゴフィロクセノスマドゥラ[島]エノシマサンゴイプソスの戦い