コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カサン カサン Cassin,René (-Samuel)

3件 の用語解説(カサンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カサン
カサン
Cassin,René (-Samuel)

[生]1887.10.5. フランスバイヨンヌ
[没]1976.2.20. パリ
フランスの法律家,世界人権宣言の起草者。ユダヤ商人の子として生れ,法律を学んだのち,第1次世界大戦に従軍。重傷を負い傷病軍人となったことがその後の人生を変えた。のちにパリで国際法の教授となり,1924~38年フランス代表として国際連盟総会やジュネーブ軍縮会議に出席した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

カサン

フランスの法律家,政治家。パリ大学ハーグ国際法研究所ジュネーブ国際問題研究所の各教授,ド・ゴール亡命政府法相を歴任。ユネスコ創立に参画,1948年の世界人権宣言の起草に当たり,国連人権委員会委員・議長(1946年―1968年),1962年以降,ヨーロッパ人権裁判所長官として活躍。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カサン
かさん
Ren Samuel Cassin
(1887―1976)

フランスの法律家、人道主義者。バイヨンヌに生まれる。エクサン・プロバンス大学、パリ大学で法律、経済学などを学び、1914年博士号を取得した。同年、第一次世界大戦が勃発(ぼっぱつ)し従軍したが、1916年重傷を負う。回復ののち、エクサン・プロバンス大学の教授となり、ついで1929年からパリ大学の教授を務めた。戦争経験によって人道主義に目覚め、1918年に傷病軍人・退役軍人連合を組織し、その会長となった。第二次世界大戦では、ロンドンでドゴール亡命政権の法務大臣につき、大戦後は国立行政学院理事長など多くの要職についた。国際連合においても、フランス代表として総会や国連教育科学文化機関(ユネスコ)で活躍、また1946年から1955年まで国連人権委員会の副委員長、1955年から1957年まで委員長を務めた。その間に世界人権宣言の起草にも携わった。このような長年にわたる国際平和および人権擁護の功績に対し、1968年にノーベル平和賞が贈られた。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カサンの関連キーワードフラングレフランス菊フランス窓フランス刺繍フランスソワールマンデスフランスフランス領ソマリランドラ・フランスラスクフランスヴィ・ド・フランス

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カサンの関連情報